ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

ウッドパネルファニチャーでお馴染みのYOKAから、初のテントが出るらしい!

ウッドパネルファニチャーでお馴染みのYOKAから、初のテントが出るらしい!


ウッドパネルを組み合わせて設営するファニチャーやロゴ入り焚き火台が人気の「YOKA(ヨカ)」から、ブランド初のテントが登場するとの情報をキャッチ!
ワンポールのティピ型にミリタリーカラーをあしらった、なかなかにユニークな逸品のようす。

随所にこだわりが配された、機能とルックスを兼備する逸品。

YOKA TIPI   ¥31320(予価)
「軍幕とYOKAのアイテムを一緒に使ったとき、思った以上にカッコいいサイトができた! というのがテント製作に挑戦したきっかけです」と語るのはYOKAデザイナーの角田さん。ところが、本物の軍幕は重く、使い勝手が良くない。
既存のリップストップナイロンでは目指す色合いがなかったため、細かくオーダーして生地から染色した。

軽くて丈夫なナイロンを使って、軍幕以上にイケてるテントを目指したのが今作の「YOKA TIPI」だ。光に当たると緑が強く透けるとブラウンがかる、絶妙にミリタリーな色合いは、カラーを細かく指定して生地から染めることで実現させた。
スカートの形状を取り入れ、隙間風を抑制。

スタイルはスピーディに設営でき、デザイナー自身のお気に入りであるティピ型。270×270cmの床面に高さは175cmと、2人がゆったり過ごせるサイズとなっている。ボトム部分はスカートを兼ねる形状にし、風が侵入しにくい設計に。
外周のリフレクターが夜間の視認性を高める。

ジッパー式のエントランスは前後に配され、両方をオープンすれば風通し良く。また、リフレクターが表面をぐるりと一周。夜間の安全対策と同時に、フィールドで自分のテントを探す際の目印にも。ダイレクトに大地と接するフロアレスのため、防水シートやコットが必須だ。

年内に発売!? 続報に期待!

ストーブが使用できるよう、煙突穴が設けられる予定。

2019年9月初頭の時点では、あくまでプロトタイプが完成したのみとのこと。しかし、多少のディテール変更こそあるかも知れないが、市販モデルの登場もそう遠くないよう! 続報が入り次第、改めて紹介するので乞うご期待!
(問)トゥエルブトーン tel:03-5708-5300    https://yoka.stores.jp
 

関連記事リンク(外部サイト)

サウナ好き注目! 本格的な“ロウリュ”が楽しめるテントサウナが登場。
もう収納場所に困らない! 折りたためるクーラーボックス3選。
YOKAの人気ウッドギアに、かゆいところに手が届く小型ファニチャーが仲間入り!

GO OUT WEBの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき