菅田将暉 初Zeppツアーファイナルで山﨑賢人と熱唱!「ドメキス打ち上げ完全再現」「山崎賢人も歌上手い」と感激の声

access_time create folderエンタメ

2019年7月10日に2ndアルバム『LOVE』リリースし、音楽アーティストとしても大きな注目を集めている菅田将暉が、自身最大規模のツアー『菅田将暉LIVE TOUR 2019“LOVE”』を行い、ファイナル公演を2019年9月6日(金)にZepp DiverCityにて開催。ファイナルのスペシャルな演出が話題となっている。

全4か所5公演を巡る今回のZeppツアーは、約20万の応募の中から抽選を勝ち抜いた約1万人を動員する、まさにプレミアムツアー。オープニングSEで菅田が登場すると、「ソフトビニールフィギア」でライブはスタート。続けて「ロングホープ・フィリア」と会場のボルテージは一気に最高潮に。「最終日来てくださってありがとうございます。楽しく終わりたいですよね?楽しく終わりましょう!!」と会場を盛り上げた。

2019年9月6日は、菅田将暉として俳優デビュー10周年の記念日でもあり、観客からの「おめでとう!!」の声に応え、「そうなんです。10周年迎えました!10年前の今日。9月6日。16歳の時に初めて菅田将暉として面に出た日なので、感慨深いものがあります」と自身にとって特別な日であることを明かした。

そして、米津玄師との出会いをMCで語り、「まちがいさがし」を歌唱、「キスだけで feat. あいみょん」など披露した。

本編ラストには、菅田がもう一本のマイクスタンドを用意すると会場は大いに沸き、「そんなまさか、山﨑賢人なんてくるわけない(笑)」と前ふりするも、「登場して頂きましょう、山﨑賢人!!」とサプライズゲストとして同曲が主題歌のドラマで主演を務めた山﨑賢人が登場! 山﨑は「見たこともない景色、見させてくれてありがとうございます」と話し、「いっちゃいましょう、さよならエレジー」という山﨑のタイトルコールで会場が熱狂する中、「さよならエレジー」を共に歌唱した。

このサプライズに、

・あいみょんかと思って、米津さんもあるか?まさかなーってなって ひゅーいくんかーっておもったら まさかの山崎賢人くんでした。
・ドメキス打ち上げ完全再現ってか??エモすぎだろおい!
・賢人くん来て、3秒くらい見つめ合って心持っていかれそうになった。
・この2人が揃うのは激アツすぎる
・山崎賢人にハモる菅田将暉と、菅田将暉にハモる山崎賢人!尊い!
・ふたり並んだ時の顔面強すぎてもはや笑うしかない
・菅田将暉と山崎賢人が一緒に歌うって、最高すぎる

と感激する声が多数。

また、山崎賢人の歌声に、

・山崎賢人歌うっま、、、
・菅田将暉歌上手いの知ってたけど山崎賢人も上手いん???は?前世何したん?
・歌もうまいなんて、知らなかった
・山崎賢人見た目のスペックは言わずもがなですけど歌も上手いってチートか

と驚きの声も上がっている。


菅田は山﨑を呼ぶことは約1年前から計画しており、10周年の節目である今回のライブに招いたという。

【菅田将暉 LIVE TOUR 2019“LOVE” セットリスト】
9/6(金) Zepp DiverCity公演
1. 「ソフトビニールフィギア」
2. 「ロングホープ・フィリア」
3. 「クローバー」
4. 「あいつとその子」
5. 「りびんぐでっど」
6. 「まちがいさがし」
7. 「キスだけで feat. あいみょん」
-幕間映像- (アルコ&ピース平子祐希 出演)
8. 「見たこともない景色」
9. 「風になってゆく」
10. 「いいんだよ、きっと」
11. 「つもる話」
12. 「7.1oz」
13. 「スプリンター」
14. 「TONE BENDER LOVE」
15. 「ドラス」
16. 「さよならエレジー」 ★サプライズゲスト:山﨑賢人
【ENCORE】
17. 「ベイビィ」
18. 「ゆらゆら」
19. 「ピンクのアフロにカザールかけて」
【ライブ情報】
『菅田将暉LIVE TOUR 2019“LOVE”』 東京公演(FINAL)

■会場:Zepp DiverCity(〒135-0064 東京都江東区青海 1-1-10 ダイバーシティ東京プラザ)
■日時:2019年9月6日(金) 開場18:00/開演19:00
※動員約2,300人、全5公演計約10,000人(チケット全公演完売)

―――――――――――
写真:上飯坂一
―――――――――――

access_time create folderエンタメ
ぽんの記事一覧をみる
ぽん

テレビが好きだポン。NHKの受信料はちゃんと払ってるポン。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧