ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

もう収納場所に困らない! 折りたためるクーラーボックス3選。

もう収納場所に困らない! 折りたためるクーラーボックス3選。

クーラーボックスはキャンプにマストですが、かさばるのが難点。そんな悩みを解消してくれるのが「折りたためるクーラーボックス」。省スペースできるので、お部屋の収納スペースやクルマの積載量が少なかったり、物量多めのキャンパーさんにもうってつけです!
今回は、コンパクトに収納できて、かつデザインもソソるクーラーボックスを3つ厳選してみました。

折りたためるクーラーの元祖「シアトルスポーツ」。

SEATTLE SPORTS「フロストパック」
左から 12QT(約11.3L) ¥5616 / 23QT(約21L) ¥6480 / 25QT(約23.6L) ¥7344 /40QT(約37.8L) ¥9288
SEATTLE SPORTS(シアトルスポーツ)は世界に先駆けて高周波によるシーム溶着技術を開発し、その防水力の高さで一世を風靡したソフトクーラーの元祖といえるブランド。
今年2019年にはロングセラーモデルである「フロストパック」がリニューアル。断熱層が2枚になって保冷性能がアップ、しかも価格は安くなったので、さらに注目度がアップしているブランドだ。存在感のある原色カラーリングも人気のポイント。

クーラーボックスといえば数あるキャンプギアの中でもかなり収納スペースで幅を利かせている存在だが、フロストパックは折りたたむと非常に薄くなるのが魅力。これだけ薄くなるので、ちょっとした隙間にもしまえて収納にスペースを取らない。
中を空にすれば、帰りは折りたたんで持ち帰れるのもポイント。キャンプの車載はパズル状態になりがちだが、クーラーボックスがたためるだけでだいぶ荷物に余裕ができる。
また、公共交通機関で移動するような都心エリアのBBQなどでも、帰りに折りたためるのはメリットとして大きい。
(問)エイアンドエフ tel:03-3209-7575 https://aandf.co.jp/brands/seattle_sports
 

他にもまだある! 折りたためるクーラー。

一般的に折り畳めるクーラーというと、ソフトクーラーのイメージが強いかもしれませんが、実はハードタイプやセミハードといったモデルもあるんです。なかでも要チェックな2型をピックアップ。

収納ボックスのようにパタパタ畳めるハードクーラー。

(左)Flip-Box(ビッグ)39L ¥4980 / (右)Flip-Box(プレミアム)25L ¥3980
最後は、ドイツ製の革新的な折りたたみ式クーラーボックス「Flip-Box(フリップボックス)」。
素材は発泡スチロールのように見えるが、実は発泡スチロールよりはるかに強度が高く、自動車の軽量素材としても注目されている発泡ポリプロピレン。
パタパタと組み立てる独自の折りたたみ構造で、使わないときには約40%の薄さになるので、収納場所にも困らない(折りたたみ時高さ84mm)。もちろん使い捨てではなく、繰り返し使用できる。全サイズ5000円以内というコストパフォーマンスの良さも魅力だ。
(問)eSPORTS  E-mail:[email protected] http://esports.co.jp

ハードとソフトをいいとこ取りした、“セミハード”という選択肢。

KELTY「FOLDING COOLER」 25L  ¥12960/45L  ¥15120
バッグでお馴染みKELTY(ケルティ)のクーラーボックス「フォールディングクーラー」は、ハードタイプとソフトタイプをいいとこ取りした「セミハードタイプ」。天板と底に硬い素材を使いつつも、側面はソフトな素材でできているので、使わないときにはソフトクーラーのように平たくたたむことができる。
ハードクーラーさながらの天板にはカップホルダーを備えていて、ちょっとしたテーブルとしても機能するという優れもの。日帰りのバーベキューや1泊程度の野外フェスやキャンプにおすすめだ。
(問)アリガインターナショナル tel:03-6659-4126 http://www.kelty.co.jp/
 

収納スペースに困ったら迷わず折りたたみ式。

クーラーボックスの一番のネックは保管する場所だが、折りたたみ式クーラーなら、例えばメインで使うハードクーラーの中に折りたたんでしまっておく、なんていうことも可能だ。収納場所に困ったら有力な選択肢になりそうだ。
 

Photo/Shouta Kikuchi、メーカー提供
 

関連記事リンク(外部サイト)

YOKAの人気ウッドギアに、かゆいところに手が届く小型ファニチャーが仲間入り!
ハンモックがフラットなベッドに! 常識を覆す、斬新設計のハンモックテント。
シアトルスポーツの大径タイヤ付きカートが、BBQ・釣り・キャンプで大活躍の予感。

GO OUT WEBの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき