大手バス会社も注目する埼玉工業大学の自動運転バス「AI人材育成の教材として、企業の事業化にむけたテスト車両としてさらに進化させる」

access_time create folder生活・趣味



埼玉工業大学が手がけるレベル3自動運転バスが、いよいよ各地で走リ出す―――。
埼玉工業大学は、パシフィコ横浜で開催中の VACUUM2019真空展(9月4~6日)に、実証実験中の自動運転バス(日野 リエッセII)と自動運転車(トヨタ プリウス)を展示。9月4・5日は来場者の体験試乗会も開き、同大学ブースには試乗を待つ人たちで行列ができた。
この日野 リエッセ II ベースの自動運転バスは、埼玉工業大学がマイクロバスむけに新たに設計・開発した接続マイコン、自動運転AI(AI Pilot / Autoware)と、身障者用自動車運転装置などを製造・販売するミクニ ライフ&オート(埼玉県加須市)のジョイスティック運転システムを実装したモデル。
ジョイスティックで操作できる制御機構と、自動運転AI(AI Pilot / Autoware)の間は、新たに開発した接続マイコンが結び、センサー情報と自動運転AIのディープラーニングでマイクロバスが自動で走る。自動運転中のドライバーは両手・両足なにもせず、なにも触れず。

複数の地方大手バス会社からも協業の引き合い


「この埼玉工業大学が手がけるレベル3自動運転バスは、複数の地方大手バス会社からも引き合いがある」と話すのは、埼玉工業大学 工学部 情報システム学科 渡部大志教授(埼玉工業大学 自動運転技術開発センター長)。
「『自動運転バスの実用化・事業化にむけて、実証実験のパートナーとして手を組みたい』『この埼玉工業大学レベル3自動運転バスで、自社ドライバーでまず実証実験を始めたい』という声が寄せられている」(渡部教授)
渡部教授は、大学発の自動運転バスについて「こうした自動運転車両は、埼玉工業大学が推進するAIプロフェッショナル人材育成に役立つ『生きた教材』。この自動運転バスが各地で実証実験を繰り返すことで、AI人材育成の教材としても進化させていきたい」とも話す。

「オンデマンド型乗り合いタクシーなどにも派生させたい」


埼玉工業大学は、この自動運転バスのアップデートを重ね、マイクロバス実験車両の実用化をめざす。
ターゲットは、自動運転バスの事業化・実用化をめざす企業や、自動運転車両を用いた研究をめざす大学など。
また、安全運転支援機能後付けバスは「より多くの運転手確保をめざすバス事業者」、安全運転支援機能付きジョイ・カーは、電動車いすに乗っている障がい者など。
「市場規模は、自動運転バス実験車両が年間3億円。現在の工期から算定し、年間出荷台数6台で想定している」という渡部教授は、VACUUM2019真空展の会場でこんなことも話していた。
「この自動運転バスのノウハウは、トヨタ ハイエース のようなサイズのオンデマンド型乗り合いタクシーなどにも活かせる。今後も、埼玉工業大学のAIプロフェッショナル人材育成の教材としても、各地の自動運転バス事業化にむけたテスト車両としても、さらにアップデートさせていきたい」(渡部教授)
VACUUM2019真空展で自動運転車両の体験会を実施した埼玉工業大学
VACUUM2019真空展で自動運転車両の体験会を実施した埼玉工業大学
埼玉工業大学が実用化にむけて実証実験中のレベル3自動運転バス
VACUUM2019真空展で自動運転車両の体験会を実施した埼玉工業大学
埼玉工業大学 自動運転実験車両

tokyochips編集部

関連記事リンク(外部サイト)

教育とマッピングで「わくわくして楽しい仕事」へ_深刻なITセキュリティ人材不足の時代に CompTIA が描くビジョン
びっくり社内ルールの裏には変革ロジックがあった! サイボウズの働き方改革、最新事例
PMI活用やAI外貨予測で「貯蓄から投資へ」スマホでワンストップ! じぶん銀行 臼井朋貴社長と岸博幸が語る

access_time create folder生活・趣味
鉄道チャンネル

鉄道チャンネル

鉄道チャンネルは、いつでも鉄道に浸れる!鉄道ファンのための鉄道専門チャンネル。多彩なジャンルの鉄道ニュースを毎日配信中!

ウェブサイト: https://tetsudo-ch.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧