ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

高性能ロボットは医療現場の問題を解決できる?

産科医と妊婦さんの負担を軽減、妊婦超音波検査ロボット「Tenang」

高性能ロボットは医療現場の問題を解決できる?

 日本の少子高齢化は、今や社会問題のトップといえるほど早急な課題です。この課題解決に活躍が期待されるのが、医療・介護・福祉の分野ではたらくロボット。最新のロボット事情はどうなっているでしょうか。
 9月3日、第37回日本ロボット学会のマスコミ・関係者向け学術講演会が早稲田大学早稲田キャンパスで行われました。7団体のロボット関連技術やサービスが紹介され、デモンストレーションが披露されました。そのうちの1つ、将来妊婦検診をサポートする可能性のある、“妊婦さんに優しい”ロボットを紹介します。
 「産科が閉鎖される」という報道が近年増えました。これは深刻な産婦人科医不足が影響しています。産院はいつ分娩が始まっても対応できるよう24時間体制で休みが不規則なうえ、さまざまな補償の観点から医師の責任負担は大きく、担い手が減っているという背景があります。そんな産科の危機を救うために、早稲田大学発のベンチャー企業「INOWA」(イノワ)が開発したのは、妊婦超音波検査ロボット「Tenang」(写真)です。
 妊娠中期(目安19週)から35週までの妊婦さんを対象に、腹部に当てて行うエコー検査をロボットが行い、ロボットが取得したデータはクラウドに蓄積されAIが解析、異常がないかを調べ、医師、妊婦本人に通知する仕組みが想定されています。これが実現できれば、産婦人科医の激務を解消、あるいは、検診で何時間も待たされるといった妊婦さんへの負担を改善できるかもしれません。
 「妊婦さんが不快に思わないように、プローブ(腹部に接触する部分)の走行法、押し付け方には注意を払いました。正確に超音波を当てることでより鮮明な画像を取得し、それにより胎児の異常などを早期に発見することが可能になります」と、INOWA代表取締役の今村紗英子さん。将来的には、遠隔でのロボット妊婦検診を想定しているそうです。「強固なセキュリティを持ったクラウド技術、診断をサポートするAI、妊婦、医師にとって使いやすいアプリなどのインターフェースの開発などまだ課題は多いものの、5年後には実現できるよう準備を進めていきたい」と目標を明かしていました。

ロボットが人と共存する社会を実現するために

 ロボットと聞くと、「硬い・重厚・正確」といったイメージが先行しがちですが、近年は「しなやかで、柔軟な動き」を実現する「ソフトロボット」の開発も積極的に進められています。小型・軽量化も含めた開発により、近い将来、人工的に作られた“筋肉ロボット”が手や足の動きをサポートするということがあるかもしれません。人間の暮らしを豊かにするためのロボット開発と同時に考えなければならないのは、人とロボットが共存するための社会の仕組みづくりです。
 「以前は産業用ロボット開発が中心でしたが、近年はサービス提供のロボット開発が加速。人とロボットは共存できるのか、ロボットによる不測の事態に対して補償はどうするのか―。議論は尽きませんが、日本ロボット学会でも10年以上にわたり検討を続けています」と、同学会の村上弘記副会長。
  医療、ロボット工学だけでなく、さまざまな分野が協働して、人がロボットと共存する未来の社会、医療のあり方を考えていく必要があるかもしれませんね。(QLife編集部)

関連リンク
第37回日本ロボット学会学術講演会
株式会社INOWA

関連記事リンク(外部サイト)

9月3日は「秋の睡眠の日」!忙しすぎるあなたにお勧めの脳リセット法「コーヒーナップ」とは?
ピリピリと痛み続ける「帯状疱疹後神経痛」、どんな人がなりやすい?
災害時の食物アレルギー対策、何を準備しておくといい?

生活・趣味
Qlifeの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき