ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

お待ちかね! ウワサのヘリノックス最新シェルターがついに発売開始。

お待ちかね! ウワサのヘリノックス最新シェルターがついに発売開始。

タフで軽量なチェアをはじめ、コットやバッグパックなど、ヒット作を送り出し続ける「Helinox(ヘリノックス)」。2018年末に日本初披露となり、GO OUT WEBのこちらの記事でも紹介するなり大反響となった新作テント群から、待望の新型ドームシェルターがついに販売開始!

設営簡単で高い居住性を実現したハイスペックシェルター。

Helinox   Tac.Vタープ4.0   ¥149040
ヘリノックスのフラッグシップであるこちらの「Tac.Vタープ4.0」は、オールシーズン使える、広々とした自立ドームシェルターだ。
前後のメッシュパネルにより通気性を確保しながら、風や雨に強い構造で気密性も保持。加えて、カップルやファミリーでも余裕なワイドリビングを実現している。(展開サイズ:W400cm×D400cm×H240cm)
四方を巻き上げればタープ的使い方が可能。

サイド下部は巻き上げ可能で、前後左右すべてを解放すれば、心地良い空気が感じられるのに直射日光は遮る、機能的なタープ風の使い方も。エクステンションポールでフロントパネルを跳ね上げると、キャノピーとして成立。日差しの侵入を防ぎ、雨天時の出入りがしやすい。
コーティングによって遮光性アップ。通気の良さと相まってテント内の温度が上がりにくい。

パネルの黒色部分は、遮光性の高いブラックピグメントPUコーティング済み。室内温度の上昇を抑え、炎天下に負けない広い日陰がキープできる。
ポールをスリーブに通すだけの自立式だから設営だってラクラク。1人でも時間がかからず、スムーズに快適な環境が整えられるのだ。
すべてがバッグにまとめられるオールインワンだから、移動の負担が少ない。

シェルターとポール、ペグがダッフルバッグ一つに収まり、総重量8.7kgと持ち運びもしやすい。別売りのインナーテント、グランドシートを使ってのアレンジまで可能と、キャンプ経験に関わらず扱いやすい逸品。新定番として定着するのも時間の問題だろう。
ヘリノックス公式サイト及びA&F通販サイトにて発売中。 完売も予想されるため、お求めはお早めに!

【Helinox Tac.V-Tarp 4.0】
・サイズ:W400cm×D400cm×H240cm
・収納サイズ:W72cm×D27cm×H27cm
・最小重量:10,720g
・総重量:11,700g
・フライ素材:75Dリップストップポリエステル185T( ブラックPUコーティング/耐水圧:1500mm)、 75Dリップストップポリエステル210T(PUコーティング/ 耐水圧:1500mm)
(問)エイアンドエフ tel:03-3209-7575 https://www.aandf.co.jp
 

関連記事リンク(外部サイト)

かゆいところに手が届く!「 C&C.P.H. equipment」のおしゃれガス缶カバーでひと足お先に秋キブン。
これは買い! ギア感満点の好デザイン、しかも防水防塵でコスパ◎なLEDライト。
スタンレーの大人気ランチボックスが、新カラーを引き連れ再販決定!

GO OUT WEBの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき