ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

留守宅の様子をスマホで映像確認できるライト「Bright Eye」は不審な動きの撮影も

仕事などで家をあけることが多い読者の中にはセキュリティカメラを設置している人もいるのではないだろうか。最近は棚置きできるカジュアルなタイプが増えている。

しかし、より自然な形で留守宅を監視できるのが「Bright Eye」。ライトと一体型で、電球ソケットに差し込んでWi-Fiにつなげ、アプリをダウンロードするだけで、スマホで家の様子をいつでも確認できるようになる。

・140度の広角レンズ

Bright Eyeはスポットとパネルのライト2つを備え、その横に140度の広角レンズを搭載している。天井や、スタンドなど、通常の電球用ソケットに差し込めば、向いている先の映像をとらえ、出先からスマホでいつでもカメラの映像を確認できる。

しかもセンサーによる動体検知機能を備え、セキュリティ機能をオンにしておけば人の動きを感知した場合に自動的に撮影を開始する。画質はフルHD(1920×1080)だ。

上書き録画するようになっているのでストレージ(16GB)が不足することはない。

・双方向の通話も

セキュリティカメラとしてだけでなくモニターとして利用できるのもBright Eyeの特徴だ。赤ちゃん部屋に設置して寝ている赤ちゃんの様子を別の部屋からチェックしたり、留守番中のペットの様子をみたりといったことができる。

マイクとスピーカーを内蔵しているので、出先から家にいる家族とコミュニケーションをとるのにも活用できる。

ライトとしては色温度5000K、明るさは1200lm。防水仕様になっているので屋外での使用も可能だ。

Bright Eyeは現在、クラウドファンディングサイトMakuakeでプロジェクトを展開していて、今なら1万6170円(税込)〜の支援で1つ入手できる。プロジェクトは9月27日まで展開され、12月にも配送される見込み。

Bright Eye/Makuake

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき