「バウムクーヘン」と「バームクーヘン」は別物らしい

access_time create folderグルメ

8月27日(火)放送の「マツコの知らない世界」(TBS系)にて「バウムクーヘンの世界」が特集され、「バウムクーヘン」と「バームクーヘン」の違いについて紹介された。

番組に登場したのは、全国に9000人の会員を持つバウムクーヘンサークルの2トップ、田辺マミ氏と福永小雪氏。有名店やコンビニで手に入る「バウムクーヘン」として販売されている菓子を紹介しつつ、あまり知られていない真実として「実はこれらは厳密に言えばバームクーヘンなんです」と主張。

2人の説明によると、本来「バウムクーヘン」は、国立ドイツ菓子協会規定の材料・製法を用いて、職人が1本ずつ手作りした菓子を指すのだとか。

・油脂をバターしか使用しない
・ベーキングパウダーを使用しない
・バター、小麦、砂糖1に対し、卵を2とする
・添加物を使用しない

といった条件を満たさないと、ドイツ国内では「バウムクーヘン」として販売することができないのだ。

日本国内での表記は自由だが、「バームクーヘン」は大量生産のために日本で独自に発展した菓子のことで、その作り方や材料は明確に定められていないという。

司会を務めるマツコ・デラックスは「面倒くさい女達ね」と一蹴したが、視聴者からはSNS上で「知らなかった」「本物のバウムクーヘンを食べてみたい」といった反響が寄せられていた。

access_time create folderグルメ
よしだたつき

よしだたつき

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧