ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

犬連れキャンパー必見! 全サイト犬同伴OKなキャンプリゾート「エンゼルフォレスト那須白河」。【お風呂に入れるキャンプ場FILE #28】

犬連れキャンパー必見! 全サイト犬同伴OKなキャンプリゾート「エンゼルフォレスト那須白河」。【お風呂に入れるキャンプ場FILE #28】


「キャンプでもゆっくりお風呂に入れたらいいのに」そう思うことはありませんか? そんな希望を叶えてくれる「お風呂に入れるキャンプ場」をご紹介していきます。
今回ピックアップしたのは、福島県の南側、羽鳥湖高原にある「エンゼルフォレスト那須白河」。東京ドーム42個分もの広大な敷地を有し、愛犬と自然を満喫できるキャンプ場として人気のスポットです。
ほかにも「お風呂に入れるキャンプ場」が満載! その他のスポットはこちらをチェック!

整備の行き届いたフィールドが人気。


福島県にあるエンゼルフォレスト那須白河は、羽鳥湖高原の入り口に位置する高原リゾート。標高700mと夏でも過ごしやすく、広大な敷地の中心には大きな人工湖が造られています。
キャンプサイトは、林間の区画オートサイト。各区画が木々で遮られているので、隣と距離が近すぎるなんてこともありません。全てのサイトにAC電源が付いているのも嬉しいポイント。

広々としたキャンピングカーサイトやドッグラン付きのサイトなど、多種多様なキャンプサイトが用意されています。各サイトはキレイに整備され、子砂利が敷きつめてあるから水捌けも◎。全てのテントサイトで愛犬の同伴がOKなのも、犬連れキャンパーには嬉しい限り。
 

人と犬に優しい設備が充実。


ログハウスやドーム型コテージなど13タイプある宿泊施設も、ほとんどが愛犬の同伴が可能。プライベートドッグランや客室露天風呂付き、Wi-Fi完備など、豪華な設備も充実!

そして、年間を通して遊べるアクティビティが盛りだくさんなのも同キャンプ場の魅力のひとつ。春~秋にはテニスやサイクリング、冬はスノーシューやソリ遊びもできるんです。施設中心部にある湖では、フィッシングやカヌーなどのウォーターアクティビティも体験可能。

湖を見下ろす絶好のロケーションが自慢のドッグランは、中・小型犬専用と大型犬優先でエリアで分かれているから、愛犬を安心して遊ばせることができます。遊具が豊富な室内ドッグランもあるから、雨の日でもワンちゃんが喜ぶこと間違いなし。
 

滞在中は入り放題!水着着用スパもある【彩光の湯】。


エンゼルフォレスト那須白河の温泉「彩光の湯」は、露天風呂に内風呂、岩風呂、壺湯・香り湯など多種多彩。pH値9.8という強いアルカリ性単純温泉は、東北屈指の”美肌づくり”と”若返り”の湯として知られ、日帰り温泉としても大人気。

水着着用の庭園露天風呂や室内プールもあり、家族やグループ・カップルで一緒に入ることができます。しかも、チェックイン前・チェックアウト後を含む滞在中は、全ての温泉&水着着用エリアが無料で入り放題!
また、犬専用の源泉かけ流しの温泉施設もあり、愛犬の毛艶が良くなり肉球もすべすべになると評判です。
<営業時間>彩光の湯/7:00~22:00 屋内プール・庭園露天風呂(夏季のみ)/10:00~20:00
 

愛犬家キャンパーならエンゼルフォレスト那須白河に行くべし!


愛犬と一緒に楽しめる多彩な施設が点在するエンゼルフォレスト那須白河は、整備された場内に、充実設備のテントサイトと宿泊施設。広いドッグランに、人も犬も癒される温泉など、年間を通して愛犬と楽しく過ごせるスポット!
愛犬家のリピーターも多い同キャンプ場に、犬好きキャンパーはぜひ訪れてみませんか?
【エンゼルフォレスト那須白河】
・場所:福島県岩瀬郡天栄村羽鳥字高戸屋39
・tel:0248-85-2525(代表) 0248-85-2552(予約専用)
・営業期間:通年
・チェックイン/チェックアウト:<テントサイト>13:00/11:00
・利用料金:<テントサイト>5,000円~ (税込み)
・施設タイプ:区画サイト/オートキャンプ/コテージ
・ゴミ:分別処理
・キャンプ場公式サイト:http://www.ang-f-ns.com/index.html


関連記事リンク(外部サイト)

海外出張、ときどき外遊び。アメリカのNowなアウトドア事情。【#2 本場のバスを釣る】
日本全国「お風呂に入れるキャンプ場FILE」セレクト27。(2019.8.16 更新)
手ぶらでOK! 東京都内のおしゃれなバーベキュースポット17選。(2019.7.26 更新)

GO OUT WEBの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき