ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

京阪電鉄初、電車で酒蔵をめぐる「京阪電車 御酒印さんぽ」9/2から


「秋から冬にかけて、各酒蔵で蔵開き。新酒がならびはじめます。この機会に、御酒印帳を片手に京阪沿線の酒蔵をめぐり、杜氏の熱い想いや酒蔵の歴史を感じながら、美味しい日本酒を楽しんで」
京阪電鉄は9月2日から2020年3月31日まで、アンスリー7店舗で販売する「御酒印帳」で、京阪沿線の酒蔵をめぐる企画「京阪電車 御酒印さんぽ」を初めて開催する。
この御酒印帳(1400円)は、御酒印帳公認酒蔵をめぐって各酒蔵の御酒印(お酒のラベル)を収集し、お酒の感想などを記録していくアイテム。
今回は、公認酒蔵のほか、同企画限定で協力する酒蔵も加え、京阪沿線の16蔵をめぐる企画に。
期間中には、京阪電車オリジナルペアグラスが当たるSNSキャンペーンも実施。また、8月30日にはプレイベントとして、京橋駅中央改札口前で参加酒蔵による試飲イベント(有料)も開催。御酒印帳購入者は、好きなお酒3杯を無料で、御酒印帳なしの人は1杯100円で好きなお酒を提供する。

鉄道チャンネル編集部

関連記事リンク(外部サイト)

九度山駅に「おにぎりスタンド」、高野下駅に関西初の「駅舎ホテル」を整備 2019年11月開業目指す 南海電鉄
新型車両227系、9月30日(月)に全56両の投入完了見込み 227系を使ったイベントも検討中――JR西日本
日常系?アニメの原作も掲載される四コマまんが誌のラッピング電車が走りますよー! 「まんがタイムきらら展 in 大阪」とのコラボ企画 叡山電車

鉄道チャンネルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき