ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【見たさ 逢いたさ 想いが募る】越中八尾おわら風の盆

【開催期日】2019年9月1日(日)〜9月3日(火)
【開催時間】9月1日/2日:午後3:00~午後11:00(但し、午後5:00~午後7:00は夕食・休憩のため踊っておりません。)
9月3日:午後7:00~午後11:00(午後7:00以前は、一切踊っておりません)

【開催場所】富山県富山市八尾町
【公式サイト】http://www.yatsuo.net/kazenobon

令和元年 おわら風の盆 ガイドマップ
http://www.yatsuo.net/kazenobon/guide/downroad/2019_guidemap.pdf

x

https://youtu.be/RX4FjpNajwM
「おわら風の盆」富山市八尾町/富山市広報課

深夜から朝方の町流し

おわら風の盆はどの町内も午後11:00までで終了しますが、午後11:00以降も気の合った5~10人が自然に集まり、町を流し歩くこともあります。23時以降になると、揃った浴衣ではなく一人一人別々の浴衣でおわらを踊っていることがほとんどで、おわら卒業生の25歳上の既婚の女性や、女性の胡弓や三味線、唄い手などが出現することもあるそう。観光客のための踊りが終わった深夜は、年齢や性別の縛りを取り払い、ベテラン勢も参入して、自由におわらを楽しむ時間。編笠を取って自分に戻り、思うまま踊ります。アフターおわらなので、必ずしも行われるとは限りませんが、祭りの本来の姿はこの時間帯に見られそうですね。

見送りおわら

祭りの最終日が終わり、翌朝の一番電車を見送ってくれる早朝のおわらが「見送りおわら」。JR高山線の始発電車を、駅のホームで福島町がおわら踊りで見送ってくれるもの。おわらの想い出を最後に目に焼き付けて欲しいという粋な計らい。踊り手の思いやりと心意気に、思わずホロリときますね。

見たい、逢いたい、想いが募る「越中八尾おわら風の盆」。北陸の静かな心に残る祭りを、今年こそ見に出かけたいものです。

写真提供:公益社団法人 とやま観光推進機構 

参考
越中八尾おわら風の盆
おわら風の盆案内ブログ(トドの戯言)
【オススメ!深夜の八尾おわら風の盆】ベテラン踊り手達が菅笠をとって踊り出す! とやま暮らし
【おわら風の盆2019】これを読めばOK!駐車場,見どころ,交通規制,お薦めスポット とやま暮らし
300年続く照れ隠し。顔を見せないことで洗練された伝統の踊り さんち〜工芸と探訪〜
【見たさ 逢いたさ 想いが募る】越中八尾おわら風の盆

前のページ 1 2 3
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき