ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

静岡茶を使ったかき氷「茶氷」を30店舗が提案!【vol.30:フォーレなかかわね茶茗舘】

フォーレなかかわね茶茗舘 茶氷

榛原郡川根本町の道の駅、「フォーレなかかわね茶茗舘」は、茶氷プロジェクトで「川根紅茶のグラッタケッカ」を提供しています。グラッタケッカはイタリアはローマ生まれのスイーツで、粗めに氷を削ったジューシーなかき氷です。地元川根の紅茶を時間をかけて水出しした、大人も華やぐ茶氷です。
お茶の生産量が国内で4割を占め、日本一のお茶処である静岡。そんな静岡茶の美味しさをかき氷を通して伝えていく「茶氷プロジェクト」が昨年始動し、12店舗で3か月の間に30,000杯以上が販売される盛況ぶりでした。2年目の今年は、静岡県下の5市2町+東京都内の30店舗がオリジナルの茶氷メニューを提供します。2019年9月30日まで実施中。

フォーレなかかわね茶茗舘の「川根紅茶のグラッタケッカ」

今回ご紹介する「フォーレなかかわね茶茗舘」は、川根茶で知られる川根の町の道の駅です。

フォーレなかかわね茶茗舘 茶氷

川根本町のお茶にまつわる数百年の歴史を伝える郷土資料館や茶室・庭園がある、お茶の総合文化施設になっています。

フォーレなかかわね茶茗舘 茶氷

ランクの違う川根茶を聞き茶できる、お茶菓子つきの「お茶セット」が300円で楽しめます。

フォーレなかかわね茶茗舘 茶氷

もちろん、香り高い川根紅茶をいただくこともできますよ。

フォーレなかかわね茶茗舘 茶氷

茶氷プロジェクトのためにフォーレなかかわね茶茗舘が用意したのは、「川根紅茶のグラッタケッカ」。なんと半日もの時間をかけて水出しで淹れた川根紅茶を使っています。グラッタケッカはイタリアのローマ生まれのスイーツで、粗めに氷を削ったジューシーなかき氷。地元川根の紅茶が華やかに香る、ザクザク食感のイタリア式茶氷です。

美味しさの秘密をお店にインタビュー

Q. 「茶氷」に参加した理由はなんですか?
A. 茶氷を盛り上げるということで、できることには協力しようと思いました。また広く茶茗舘を知っていただきたい、夏にも訪れて欲しいと思い、参加しました。

Q. コラボしたお茶の銘柄と、選んだ理由を教えてください。
A. 川根産紅茶。とても香りがよく、お客様から、この香りを生かしたかき氷を作ったらいいのではないかと言われたので。

Q. 他と違うと自負するこだわりなど、商品の特徴を教えてください。
A. 川根産紅茶をすごくゆっくり抽出する(半日ほどかけて)→急速冷凍→それをかく。シロップをかけるのとは違う、鼻に抜ける華やかな香りが特徴です。

Q. どんな人に食べて欲しいですか?
A. しつらえからおしゃれなかき氷なので、大人の女性の方に楽しんでほしい。

Q. 実際の客層を教えてください。
A. お子様や若い女性が多いですが、男性の方もちらほらいらっしゃいます。

Q. 1日に何杯でますか?
A. 昨年は3か月で2000杯ほど。多いときは1日100杯ほどでました。

Q. 並ばずに入れますか?
A. 提供に少々時間をいただきますが、室内が広いので並ばずに入れます。お昼前後や11:00-16:00は人が多いです。

Q. 来年も参加しますか?
A. 今後考えます!ができることは協力できればと思います。

価格が手頃ですし、川根紅茶のグラッタケッカをいただきつつ、川根の緑茶も是非いただきたいですね。

フォーレなかかわね茶茗舘 茶氷
■商品詳細
メニューの正式名称:川根紅茶のグラッタケッカ
税抜き価格:277円(300円・税込)
展開時期:10月いっぱいまでの予定

■展開するお店の詳細
店舗名:フォーレなかかわね茶茗舘
住所:榛原郡川根本町水川71-1
TEL:0547-56-2100
営業時間:9:30-16:30(水曜定休、臨時休館の場合あり)
HP:https://www.michi-no-eki.jp/stations/view/561
アクセス方法(最寄り駅など):大井川鉄道駿河徳山駅から徒歩で10分

[All photos by フォーレかなかわね茶茗舘 ]
静岡茶を使ったかき氷「茶氷」を30店舗が提案!【vol.30:フォーレなかかわね茶茗舘】

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき