ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

成功者だけが知る「直感」の重要性と鍛え方

成功者だけが知る「直感」の重要性と鍛え方

「物事を直感で決める」というと、なんとなくいい加減で風任せなイメージがあります。

でも、自分の内側から沸き起こるインスピレーションこそが直感だと考えると、あまり無下にはできないもの。『成功する人が磨き上げている超直感力』(八木龍平著、KADOKAWA刊)によると、経営者の意思決定や、作家の創造など、各分野で活躍する一流の人ほど、「直感」を大事にしているだけでなく、日々それを磨く努力をしているとしています。

「直感力」とは、私たちが自分らしく自由に生きるためにもっとも大切なもの。この力を磨いていくためにはどんな取り組みが有効なのでしょうか。

■直感は「スキマ」に宿る

まず一つ目に挙げられるのが「スキマ」を作ること。

頭の中は仕事のことでいっぱい、スケジュールで埋め尽くされた手帳、家の中はものであふれている…。こんな風に「スキマ」がない状態では、自分の内なる声である「直感」はやってきません。

意識して何もしない時間を作ってみる、不要なものを処分して部屋の中に何もないスペースを作ってみる、予定を詰め込まないようにする、起きた物事に対していちいち悩むのをやめてみる。こんな取り組みによって、心に「余白」が生まれます。この余白にこそ、内なる自分の声が下りてくるのです。

■潜在意識にアクセスすれば、直感は下りてくる!

また、直感力と密接にかかわるのが「潜在意識」です。知っての通り「潜在意識」とは、普段は意識できない意識」のこと。ここにアクセスしやすくすることが、直感力を磨くことにつながります。

潜在意識とつながるための取り組みとしては座禅や瞑想が知られていますが、他にもできることがあります。たとえば、普段の生活のなかで、あらゆる判断を「保留」にすること。

私たちは自分に起きた出来事について、その意味を解釈しようとしたり、正しい選択をしようとしたり、善悪を判断したりと、ついつい思考を巡らせてしまいます。それを一度すべてやめて、見たもの、聞いたこと、起きたできごとについて何も判断せず、決断せず、すべてをただ「知る」にとどめてみる。

一日のすべてをこのように過ごすのは難しいかもしれませんが、何も判断せず、考えない時間を作ることを心がけると、潜在意識に潜り、直感力を得るのに役立つといいます。

■「理想の自分」にアドバイスをもらおう

どんな人でも「こうだったらいいのに」という、理想の自分像があるはず。

何かに迷ったら、その「理想の自分」と心の中で対話してみることも、直感力を磨くトレーニングになります。

迷いや悩みに対して「理想の自分」が下した決断は、現実の自分にとって「こんなことができればいいんだけど、実際にやるのは怖い」とか「こんなことを言ってみたいけど、勇気がなくていえない」といったものかもしれません。でも、「理想の自分が言うなら」ということで実行してみると、これまでの自分の行動原理からはありえなかった結果が出てくるかも。

「理想の自分」を通して導き出された決断にしたがってみる。これも一つの直感なのです。

自分らしく、生き生きと、嫌なことを我慢せず生きるために必要なのが直感であり、自分の心の声に素直になること。

本書では、直感とはどのようなものか、どんな時に役立ってくれるのか、どうやって磨いていけばいいのかが詳しく解説されています。

物事が思った通りにいかずモヤモヤしている人。

素の自分を出せない人。

やりたいことがあるのに勇気がなくて実行できない人。

こんな人にとって、直感はかけがえのない人生の武器になるはずです。

表紙

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

星稜野球部のメンタルコーチが教える「勝負強さ」の作り方

人生に疲れたときに聞きたい!本当に心に響く「希望の言葉」とは?

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき