『アベンジャーズ/エンドゲーム』作戦会議中にうるさいロケットを黙らせる為にスタークがとった衝撃行動!:未公開シーン

access_time create folder映画

「アバター」(09)を超え、全世界歴代興行収入ランキング1位を獲得、記録破りの大ヒットで映画界の歴史を塗り替えた超大作『アベンジャーズ/エンドゲーム』が、早くも9月4日(水)にMovieNEXで発売、先行デジタル配信中です。

今回、MovieNEXに収録されるボーナス映像の中から未公開シーンの一部が解禁! この映像には、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのムードメーカーでお馴染みのアライグマ、ロケットが未完成な姿で登場!?します。いつもはふさふさの毛をなびかせているロケットの、CG加工前の貴重な姿にも注目してください。

解禁された映像は、”タイム泥棒作戦”遂行のために、アベンジャーズの本部基地で過去の映像を確認しているシーンでの一コマ。見ている映像は2012年に宇宙種族チタウリがニューヨークに襲来した、いわゆる『アベンジャーズ』(’12)の1シーンです。宇宙種族に関して知識豊富なロケットは「チタウリなら母艦を吹き飛ばせばいいだろ」と、至極当たり前のようにチタウリの撃退方法を告げますが、当時、宇宙種族と会った事もなかったアベンジャーズは大苦戦。知らなったと言うスティーブに対して「知らなかっただと?誰だって…」と言いかけたところで、まさかの方法でトニーがロケットを黙らせます。

【動画】『アベンジャーズ/エンドゲーム』作戦会議中にうるさいロケットを黙らせる為にスタークがとった衝撃行動
https://www.youtube.com/watch?v=0kfxRexJf8w

解禁した未公開シーンのほかにも、”タイム泥棒作戦”で過去のアスガルドへ向かったソーとロケットが繰り広げる、知られざる掛け合いが面白い「頼りない相棒」や、トニーとハワードの1シーンが見られる「父と息子」、そして、涙なしには見ることができない、あの悲劇のラストシーンの直後を描いた「敬意を表して」など、惜しくも本編には入らなかった貴重な映像が盛りだくさん!

また、未公開シーンはもちろんのこと、『アベンジャーズ/エンドゲーム MovieNEX』の初回限定のボーナス・ディスクには、「スタン・リーの功績」をはじめ、製作の舞台裏や未公開シーン、ファン必見の貴重映像を多数収録されます(デジタル配信<購入>にも一部収録)。

9月4日(水) 発売
『アベンジャーズ/エンドゲーム MovieNEX』/4,200円+税
『アベンジャーズ/エンドゲーム 4K UHD MovieNEX』/8,000円+税
『アベンジャーズ/エンドゲーム 4K UHD MovieNEXプレミアムBOX(数量限定)』/10,000円+税
先行デジタル配信中
(C)2019 MARVE

access_time create folder映画

藤本エリ

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧