ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

食べると願いが叶うかも?話題の「星ピュレ」ができるまでを調査【現地ルポ】

見つけたらラッキーが舞い込むかも!?話題の「星ピュレ」を調査

カンロ朝日工場
若い女性に人気のカンロ「ピュレグミ」。その中に稀に入っている「星ピュレ」は見つけたらラッキーになるかも?と評判。その製造工場に、カメラが潜入しました! さらに「日本一の星空」長野県阿智村とコラボした期間限定「星ピュレビレッジ」も取材しました。

カンロ株式会社(東京都新宿区)では、主力ブランドである「ピュレグミ」を、長野県の2工場(松本、朝日)で生産しています。同社のグミ商品は、特に朝日工場で多く生産されているとのことで、今回は長野県朝日村のカンロ朝日工場にお邪魔して、話題の「星ピュレ」がどのように作られているのかを取材しました。

「星ピュレ」が作られる割合はどの程度?

工場内服装

食品工場は雑菌や髪の毛といった異物の混入は厳禁。取材陣も帽子やマスク、作業用つなぎなど厳重な装備をして工場内に入ります。こうした徹底管理が、カンロ商品の品質維持に寄与しているんですね。さまざまな手順(手洗いや風でホコリなどを吹き飛ばす)を経て、いよいよ「ピュレグミ」が作られる工場内に潜入です!

ベルトコンベア

型に入れられたグミが、コンベアに運ばれてどんどん作られていきます。このカンロ朝日工場では、1日に約10トンのグミが仕込まれているそうです。

ベルトコンベア

次々と生み出されていく「ピュレグミ」ですが、気になる「星ピュレ」はどのくらいの割合で作られるのでしょうか。カンロ朝日工場の柳沢匡司工場長に伺うと「“星ピュレ”がどのくらいの割合で作られるかは秘密とのことです。ただ、「星ピュレ」は、見つけたらラッキーという程度の確率のようですね。

プロによる選別
1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき