ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

ノンスタ石田、意外な特技を披露 「すごい」「かっこいい」

ノンスタ石田、意外な特技を披露 「すごい」「かっこいい」

NON STYLEの石田明が22日にツイッターを更新。特技を披露した。

■くるくると…

この日、自ら脚本と演出を手掛けた舞台「生前葬(so)ng♪」を見に来て、とファンらに呼びかけた石田。けん玉でくるくると遊ぶ様子を撮影した動画を同時に公開している。

石田の公式プロフィール欄には「特技:けん玉」とはないが、趣味で粘土細工、日曜大工とあることから手先は器用なのかもしれない。だからこそ動画のようにけん玉を楽々とできるのだろう。
関連記事:浜崎あゆみが「けん玉でドヤ顔」動画を公開 痩せてかわいくなった横顔が好評

■お手本にしたい人も

石田が投稿した動画に対し、このような反応があがっている。
「いやけん玉関係ないがな」
「すごい」
「かっこい~、昔から好き」
一方で、同じくけん玉をするというファンからは「石田さんみたいにちゃんと練習しないとな」とお手本にしようという声もみられた。

■特技持ってる?

意外な特技を見せた石田。特技についてはこんな調査がある。しらべぇ編集部が、全国10代〜60代の男女1,732名を対象に調査したところ、全体の12.9%が「一風変わった特技がある」と回答した。
特技
けん玉はひと昔前の遊びとされているが、石田のように影響力のある人物が披露することで若い世代が「やってみたい」と思い、再びブームを呼ぶかもしれない。

・合わせて読みたい→ピアニストの意外な特技 ひらひらスカートで大胆に7回転
(文/しらべぇ編集部・右京 園次郎)
【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年12月15日~2017年12月18日
対象:全国20代~60代の男女1,353名 (有効回答数)

関連記事リンク(外部サイト)

『スッキリ』高橋メアリージュンの顔に視聴者驚き 「似てる…」
上地雄輔、インスタ投稿に心配の声 「危ない」「大丈夫…?」
ピアニストの意外な特技 ひらひらスカートで大胆に7回転

しらべぇの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき