ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

Moto Parillaの電動アシストマウンテンバイクは機能も価格もプレミアム!

自転車好きに言わせると、マウンテンバイクでのトレイルライドは一度やると病みつきになるのだという。ロードバイクと違って、トレイルはでこぼこで、坂道あり、落ち葉の道ありとタフな環境で乗ることになる。

そのトレイルライド用の電動アシストマウンテンバイクをイタリアのメーカーMoto Parillaが展開している。一見、バイクのように見えるが、ペダルをこぐことができる、れっきとした自転車だ。

・ボディはカーボンファイバー

Moto Parillaはいくつかのバージョンを展開していて、共通するのはペダルでこげるようになっていること。存在感がかなりある4.8インチのファットタイヤを採用していて、外観はいかにもバイクだが、よくみるとペダルが付いている。

フレームの材質はカーボンファイバーとアルミニウム。悪路に対応できるよう、フルサスペンションだ。

・モーターは選べる

電動アシストなので当然モーターが付いているが、モーターは250W〜750Wで選べるようになっている。これは、国によって自転車としてのスピード制限が異なることに対応している。バッテリーは650Whだ。

また、スマホマウントの設置などさまざまなオプションも用意されている。加えて、テイルランプをフレームに組み込んだり、サドルはハンドメードだったりと細部にもかなりこだわっている。

想像がつくかと思うが、この電動アシストマウンテンバイクはカスタムベースの生産で、価格も一番安いもので7288ドル(約77万円)〜。特別エディションは15台限定生産で価格は1万869ドル(約115万円)となっている。

Moto Parilla

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき