ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

映画『アナベル 死霊博物館』主演人形アナベルちゃんがあの“殺人人形”に反撃していたようです[ホラー通信]

アナベルちゃん、殺っちまっていた

映画『アナベル 死霊博物館』の公開を9月に控える主演人形アナベルちゃん。現在来日しており、日本各地をまわって最新主演作の宣伝に勤しんでいる彼女ですが、どうやら日本に来るまでに世界を飛び回っていたようです。そんな彼女のほのぼの世界旅行写真が到着。その中には、衝撃的な一枚が――。

まずは平和な写真からご紹介していきましょう。

アナベルちゃんとエッフェル塔

こちらはフランスにて、エッフェル塔とパチリ。鮮やかな緑に白いドレスが映えてます。

アナベルちゃんと凱旋門

凱旋門にも行ったようです。雰囲気ある表情を絶妙な構図で捉えたこの写真、アナベルちゃん本人が「この角度から撮ってね」と指示したに違いありません。

アナベルちゃんとルーブル美術館

ルーブル美術館前にて。地べたに座っているだけなのに絵画のように画になってしまうアナベルちゃん。美しいって罪。

アナベルちゃんとマリアッチ

こちらはメキシコにて、マリアッチ(楽団)のみなさんと。アナベルちゃんを抱っこしている笑顔の素敵な男性を気に入ったのか、表情を作るのを忘れて男性をガン見しています。この人は今無事でしょうか。

アナベルちゃんinリスボン

こちらはポルトガルのリスボンにて。なんだかちょっとおすまし顔。前髪がそよ風にふかれて、眉毛が見えているのがレアです。

チャッキーを殺したアナベルちゃん

そしてこちらが、一連の旅行写真とは一線を画す問題の一枚。アナベルちゃんが手に持っているのは包丁。となりには、『チャイルド・プレイ』のバディ人形チャッキーが力なく倒れ込んでいます。

今年公開されたリブート版『チャイルド・プレイ』のプロモーションのため、『トイ・ストーリー』のキャラクターを惨殺する挑戦的なポスタービジュアルを次々発表し、ネットで話題を集めていたチャッキー。その魔の手は、同時期に新作が公開となるアナベルちゃんにも及んでいました。[参考記事はこちら(英語)]
「AI人形ごときが調子に乗るなよ」とばかりに、理屈も倫理も超越した“呪い人形”の恐ろしさを見せつけたアナベルちゃん。どちらが本当に恐ろしいか、劇場で見比べてくださいね……(震え声)。

アナベル 死霊博物館
9月20日(金)全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画

(C) 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき