ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

音楽と泳ごう! オーディオプレーヤー機能内蔵の骨伝導ヘッドホンAfterShokz「Xtrainerz」フォーカルポイントが取り扱い開始

水の中は静かだ。それがいいと言う人もいるだろうが、もっとリラックスしてスイミングを楽しみたいという人もいるだろう。従来の水中で音楽を聞けるヘッドホンはイヤーピースを深く差し込むタイプが主流で、痛みや衛生的な問題があった。

この度、フォーカルポイント株式会社が自社のオンラインショップ、家電量販店等で販売開始した米国AfterShokz(アフターショックス)社製の「Xtrainerz(エックストレーナース)」は、骨伝導技術により、耳を塞がず使用できる画期的製品だ。

「Xtrainerz」の特徴

IEC(国際電気標準会議)規格により定められた「完全な防塵構造で水面下での使用が可能」とされるIP68防水規格に従った製品となっている。水深2mで最大2時間浸水しても問題のない密閉構造であり、出荷前には50気圧の条件下でテストを実施する徹底ぶり。

約1,200曲を収める4GBのストレージ、MP3、WMA、ACC、WAVおよびFLACのオーディオプレーヤー機能を搭載した骨伝導ヘッドホンだ。XtrainerzとPCをUSBで接続し、お気に入りに入れておけば、スマートフォンとのペアリングは不要で、Xtrainerzのみで音楽を楽しめる。専用のイコライザー技術搭載で、高音質を実現している。

骨伝導技術により、耳に装着する必要を取り除き、各自のスイミング用の耳栓やキャップ、ゴーグルとの併用可能。従来の骨伝導ヘッドホンから50%の小型化と音漏れ低減を実現した。また、人間工学デザインを採用しているため、丈夫であり、装着も簡単で、誰でも快適に使用できる。

Xtrainerzスペック

製品名は「AfterShokz Xtrainerz」。カラーは現在ブラックダイヤモンドのみ。本体は約29gと軽量。充電時間は約2時間で、連続再生可能時間は最大8時間。

購入時の同梱物は、AfterShokz Xtrainerz 骨伝導ヘッドホン本体、専用クレードル(USB-Aケーブル)、シリコン製専用ポーチ、水泳用イヤープラグ(耳栓)、ユーザガイド(日本語を含む12言語対応)、保証書(2年保証)の6点。

価格:17,880円(税別)

製品ページはこちらから

ご購入はこちらから

AfterShokz社とは

Voxtech社が所有する軍事及び警察用に設計された骨伝導ヘッドホンの特許技術を、リーズナブルな価格帯の製品に導入するために2011年に設立された企業。世界各国で200を超える特許を取得しており、技術の独自性は相当なものだ。最高技術を駆使し、至高の音質体験と安全性の両方をカバーしている。利用者の安全確保第一を念頭に、常に型にとらわれない革新を続けていく。

泳ぐとき、人は色々な目的がある。オリンピック選手のように競技として水泳をする人はスピードを求める。ダイエットもしくは健康維持のために泳ぐなら持久性が必要だ。ただ好きで泳ぐという人もいるだろう。それぞれの環境・心境に合った音楽を泳ぎながら聞けるとなると目的達成への近道にはならないだろうか?  競泳選手には効果があるかわからないが、比較的テンポの早い曲を聞くなど、検証の余地はありそうだ。趣味や長く泳ぎたい人にはリラックス効果のある音楽が良いだろう。

PR TIMES

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき