ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

もはや人間不信‼ 浅川梨奈が主演の二部構成サスペンス・ホラー『黒い乙女 A』(絶賛公開中)!!

もはや人間不信‼ 浅川梨奈が主演の二部構成サスペンス・ホラー『黒い乙女 A』(絶賛公開中)!!

現在、公開中の浅川梨奈を主演に、二部構成で描くサスペンス・ホラー映画『黒い乙女 A』。本作は、5月に公開された『黒い乙女 Q』(現在は絶賛レンタル中)の続編に辺り、置いてけぼりになっていた謎が全て明かされる、まさにタイトル通りの回答編!!

『Q』のクオリティーの高さからハードル高めで『A』を観賞。すると、前作でチラ見えした座敷牢やおかめの面を被った人物などなど前作の謎を網スピードで消化。挙げ句、亡霊やゾンビ少女も登場するサイキック・ホラー展開へと流れ込む縦横無尽さ!! 情報量だけでも前作超え!! 勿論、『Q』を観て『A』を観るのが理想ではあるものの、『Q』だけでも理解できる内容になってるのも上手いです。

 

前作のおさらいをしつつストーリー紹介

裕福で優しい夫妻に引き取られた芽衣。その家庭には、先に同い年の少女ラナが。共通の趣味により、早急に距離の縮まる2人。

ところが夫妻は快楽の為、「この家で引き取れるのは1人だけ」と2人に告げます。それと同時に、花瓶が割られたり、車に傷を付けられてたり、何者かによる嫌がらせが発覚。孤児院へ戻りたくない2人は、この事で人間不信モードに。そして、ラストにはトンデモ展開が……。

 

主演は浅川梨奈!!

キャストは『Q』同様、事件に巻き込まれる芽衣役にアイドル卒業後、めっきり女優として出演作のバリエーションを広げ続ける浅川梨奈。実は飛んでもない秘密を隠しているラナ役には、ドラマ「バイプレイヤーズ」で注目された北香那。

監督・脚本は『殺し屋1』『極道恐怖大劇場 牛頭』などトチ狂った三池崇史作品の脚本を担当してきた佐藤佐吉。 今シリーズが監督デビュー。

 

『黒い乙女 Q』と『黒い乙女 A』の関係

『Q』は芽衣の目線でストーリーが進み、徐々に状況を把握していく展開。それに対して『A』は、ラストのトンデモ展開を知った上で、ラナの目線でストーリーが進行。なので、芽衣の見えない所で、ラナが何をしていたのか?何を考えての行動だったのか?さらに『Q』では不自然だったり、説明のなかった登場人物、そして大きな謎などを全て解明。後日談までが描かれる盛り沢山仕様。雑に説明すると『カメラを止めるな!』を映画2本分で描いたホラーバージョンという感じでしょうか。

映画『黒い乙女 A』は二週間限定でシネマート新宿・心斎橋にて、現在公開中です。MAMOR(マモル) 2019年8月号 (2019年06月21日発売)
Fujisan.co.jpより

映画『黒い乙女 A』

出演:浅川梨奈

和田聰宏 三津谷葉子 松嶋亮太 しゅはまはるみ 村松 利史  

安藤なつ(メイプル超合金) 笹野鈴々音

北 香那

脚本・監督:佐藤佐吉 製作総指揮:吉田尚剛 製作:永森裕二 プロデューサー:飯塚達介/向井達矢 

ラインプロデューサー:尾関 玄 キャスティング:伊藤尚哉

音楽:遠藤浩二 撮影:栗田東治郎 照明:田中安奈 美術:坂本 朗 録音:高島良太 衣裳:杉本京加 

ヘアメイク:唐澤知子 音響効果:小山秀雄 編集:難波智佳子 助監督:近藤俊明 

制作担当:中村 元 スタントコーディネート:出口正義 特殊メイク:松井祐一 VFX:井上英樹 

主題歌:「イショロガニム」作詞・作曲:坂本英三 歌:大沼あさひfeat.坂本和弥(AMG MUSIC) 

製作•配給:AMGエンタテインメント 制作プロダクション:ラインバック 

Ⓒ2019AMGエンタテインメント

『黒い乙女Q』全国のレンタル店でDVD好評発売中!

『黒い乙女A』8月16日(金)からシネマート新宿・心斎橋にて公開中!

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき