ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

ウルトラマンベリアル・イーヴィルティガらダークヒーロー集結!舞台「DARKNESS HEELS」イベント動画公開

歴代のウルトラマンシリーズに登場する“悪役”の中でも人気のあるダークヒーローたちを主役とした舞台「DARKNESS HEELS~THE LIVE~(ダークネスヒールズ ザ・ライブ)」の9月上演に先駆け、池袋・サンシャインシティにて開催中の「ウルトラマンフェスティバル2019」閉場後のスペシャルナイトイベントとして、舞台のメインキャストが舞台衣装を着用した姿を初お披露目! トークショーとアクションシーンを披露しました。

本作は、2.5次元ミュージカルや舞台等で活躍する俳優たちが名を連ね、”本人の顔と身体”でダークヒーローたちを演じます。従来のヒーローショーとは異なる形で、歴史ある「ウルトラマン」の世界を絶妙に舞台上に表現するストレートプレイで、新感覚の“ダークヒーロー演劇”をお届けします。

スペシャルナイトイベントには、相楽伊織さん(カミーラ役)、友常勇気さん(イーヴィルティガ役)、校條拳太朗さん(ウルトラマンベリアル役)、谷佳樹さん(ジャグラスジャグラー役)、古谷大和さん(ダークザギ役)が集結。

また、脚本・演出を担当する久保田唱氏とメインキャストによるトークショーと、ダークヒーローも登場しての“夢の競演”が実現しました! このイベントのダイジェスト版を円谷プロダクション公式YouTubeチャンネルにて配信中。一足早くアクションシーンを観ることができます!


動画:8月15日開催 舞台「DARKNESS HEELS~THE LIVE~」スペシャルナイト
https://youtu.be/LCcVGOCUZr8[YouTube]

登壇者コメント

・久保田唱(脚本・演出)
「ウルトラマン」の冠がついた舞台ですが、今までのヒーローショーとは一線を画すかたちの、ウルトラマンが登場しなくて人間の姿で闇サイドの人たちを描く物語です。意味のない戦いは無く、アクションの一つ一つに物語としての注目度があります。
舞台の一番の売りとして、お客様の想像力を引き立てる、皆さんの演技や照明などの舞台効果を使って世界観を広げていくのが特徴だと思います。ここでしか観られない舞台に是非ご期待ください。

・相楽伊織(カミーラ役)
黒と赤が多い衣装の中、カミーラはシルバーとゴールドがかなりゴージャスで、キラキラなのが可愛いですね。生身の人間で舞台に立つというのが初めてなので、ファンの皆さんに受け入れて貰える様にしっかりやっていきたいです。どれだけウルトラマンティガを愛していたんだろうという感じをカミーラから学んで、自分のかたちで表現できる様にしていこうと思います。
これからもっともっとクオリティの高い舞台にしていこうと思いますので、是非観に来て下さい。

・古谷大和(ダークザギ役)
衣装の色味やバランスが好きで、それに合わせた髪形とか髪色が決まっているのがとてもおしゃれで、細かいところまで観て欲しいです。
ダークザギには凄く共感できるところがあって、舞台の上でちゃんと気持ちをのせて演じたいです。舞台だから出来る、僕達がやるからこその意味をもって、表情を大切にしたり、指先までちゃんと見せたいです。
長い歴史があるウルトラマンに、また新しい世界を創り出せる舞台になり、お客さんに満足してもらって第2弾とか新しい世界、新しい舞台へと進んでいける作品になったらいいなと思います。

・友常勇気(イーヴィルティガ役)
衣装にはイーヴィルティガと一緒のカラータイマーが付いているのが良いですね。
悪には悪になる理由があるのではないかと思いますので、自分ができる最大限の邪悪さ、人間模様が描ければと思います。僕ら5人以外にも沢山いるキャラクターそれぞれの葛藤にも注目して下さい。皆様の期待以上のものができる様に力を合わせながら切磋琢磨して参ります。

・谷佳樹(ジャグラスジャグラー役)
衣装は見栄えも良いですが、機能性も立ち回りの邪魔にならない様に作られています。
自分らしさとジャグラスジャグラーの生きざまを融合させ、原作のウルトラマンファンの方たちに認めて頂いて、そして好きになって頂くのが目標だと思います。誰しもが正義の面と悪の面を持ち合わせていると思うので、共感できる様な人間らしさを代弁できる様に一生懸命やろうと思います。

・校條拳太朗(ウルトラマンベリアル役)
ベリアルの衣装についているマントを使った殺陣とか、それぞれのキャラクター性が見える様な戦い方を相談しながら作っています。僕の大好きなウルトラマンの世界と、僕らがやる舞台、両方の魅力をしっかり届けられたらと思います。
ウルトラマンはこうあって欲しいという道をしっかり通りつつ、舞台上で期待以上のものをお見せしたいと思います。
「DARKNESS HEELS~THE LIVE」だからこそ描かれる、深い深い闇の世界をお届けしますので、楽しみにしていてください。

さらに、東京公演の平日限定で、ウルトラマンシリーズでヒーローやダークヒーローを演じた俳優等、特別ゲストを交えてのアフタートークショーも実施! ”ダークヒーロー×そこに生きる者たち”によって繰り広げられる、今までに見たことの無い“闇の物語”に、注目が集まります。

舞台『DARKNESS HEELS~THE LIVE~』公演概要

【『DARKNESS HEELS~THE LIVE~』から始まる世界観~惑星テリオにおける二つの計画~】
なぜ、ウルトラマンは関係のない他者を守るために自らの命を賭すことができるのか。
なぜ、悪と呼ばれる者は途方もない苦労をしてまで他者のものを奪おうとするのか。
ただ生きるだけならば、その必要はないはずだ。
惑星テリオと呼ばれる星の住人がその疑問にたどり着いた時、彼らは二つの計画を立ち上げた。
一つは、心優しき者に力を与えれば、ウルトラマンと同じように正義の使者と呼ばれるようになるのか。
そして、もう一つは、悪と呼ばれた者たちは、その先に何を求めていたのか…。
光の国への復讐と、世界への支配欲を剥き出しにした者―――『ウルトラマンベリアル』。
闇に堕ちてさえ一つの愛に縋ろうとした者―――『カミーラ』。
自らが神となり人類を導こうとした者―――『イーヴィルティガ』。
この世の全てを破壊しようとした者―――『ダークザギ』。
嫉妬と渇望に身を委ねた者―――『ジャグラスジャグラー』。
かつて悪と呼ばれていた者たちが、惑星テリオで目を覚ます。
こうして新たな悪の物語が静かに幕を開ける。

■タイトル:舞台『DARKNESS HEELS~THELIVE~』
■脚本・演出:久保田唱
■キャスト:校條拳太朗(ウルトラマンベリアル役)、谷佳樹(ジャグラスジャグラー役)、友常勇気(イーヴィルティガ役)、古谷大和(ダークザギ役)、相楽伊織(カミーラ役)
天音みほ/香音有希/影山達也/後藤健流/近藤雄介/齋藤真矢/早乙女じょうじ/佐川大樹/佐藤祐吾/白柏寿大/杉江優篤/春原優子/田中しげ美/夏目愛海/堀越せな/松村泰一郎/丸山貢治/宮崎理奈/諸塚香奈実/力丸佳大(五十音順)
■公式サイト:https://m-78.jp/darkness/thelive/

【プレビュー公演】
・日時:2019年9月13日(金)18:00開演
・会場:新座市民会館(埼玉県新座市野火止1丁目1-2)
・料金:6,800円(税込)※プレビュー公演価格
【東京本公演】
・期間:2019年9月18日(水)~23日(月・祝)(全10公演)
・料金:SS席10,800円、S席8,800円、A席6,800円(税込/SS席は特典付き)
・会場:シアター1010(東京都足立区千住3-92 千住ミルディスⅠ番館10F)
※18日は出演者による初日挨拶あり
※平日(18~20日)公演限定で特別ゲストを交えてのアフタートークショーあり

<アフタートーク登壇者>
■9月18日(水) 18:30開演の回終演後
青柳尊哉(テレビシリーズ『ウルトラマンオーブ』ジャグラスジャグラー役)、谷佳樹、佐川大樹
司会:後藤健流、マグマ星人
登場キャラクター:ジャグラスジャグラー
■9月19日(木) 13:30開演の回終演後
・高橋健介(テレビシリーズ『ウルトラマンX』ウルトラマンエックス/大空大地役)、校條拳太朗、影山達也、佐藤祐吾
司会:後藤健流、マグマ星人
登場キャラクター:ウルトラマンベリアル、ダークザギ
■9月19日(木) 18:30開演の回終演後
石黒英雄(テレビシリーズ『ウルトラマンオーブ』ウルトラマンオーブ/クレナイガイ役)、古谷大和、白柏寿大
司会:後藤健流、マグマ星人
登場キャラクター:ウルトラマンベリアル、ダークザギ
■9月20日(金)13:30開演の回終演後「ウルトラ女子トーク会」
相楽伊織、天音みほ、夏目愛海、堀越せな、諸塚香奈実
司会:宮崎理奈
登場キャラクター:イーヴィルティガ、カミーラ
■9月20日(金)18:30開演の回終演後
七瀬公(テレビシリーズ『ウルトラマンタイガ』ウルトラマントレギア/霧崎役)、友常勇気、早乙女じょうじ、杉江優篤
登場キャラクター:イーヴィルティガ、カミーラ

(C)円谷プロ (C)DHL製作委員会

nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき