4種類の新作G-SHOCKは近未来の東京の街“NEO TOKYO CITY”がデザインコンセプト

access_time create folder生活・趣味

カシオは、近未来の東京の街“NEO TOKYO CITY”をデザインコンセプトにした、4種類の新作G-SHOCKを発売しました。

ダブルLEDライト、耐衝撃構造、20気圧防水、操作音ON/OFF切替、ストップウォッチ、カウントダウンタイマー、12/24時間表示、パワーセービング、フルオートカレンダー、世界48都市対応ワールドタイム、針退避、タフソーラー、無機ガラスといった機能が装備されています。


https://twitter.com/GSHOCK_OFFICIAL/status/1159373682956996608
DW-6900BMC-1JF 1万1000円(税別)[リンク]
https://products.g-shock.jp/_detail/DW-6900BMC-1/
元祖三つ目モデルのDW-6900がベースのモデル。


https://twitter.com/GSHOCK_OFFICIAL/status/1159736069971226625
GA-140BMC-1AJF 1万3500円(税別) [リンク]
https://products.g-shock.jp/_detail/GA-140BMC-1A/
新型のデジタル・アナログコンビネーションモデル、GA-140がベースモデル。


https://twitter.com/GSHOCK_OFFICIAL/status/1160823233119232000
GA-700BMC-1AJF 1万5000円(税別) [リンク]
https://products.g-shock.jp/_detail/GA-700BMC-1A/
ダイナミックなフロントボタンが特徴のコンビネーションモデル、GA-700がベース。


https://twitter.com/GSHOCK_OFFICIAL/status/1161185619848126465
GAW-100BMC-1AJF 2万5000円(税別) [リンク]
https://products.g-shock.jp/_detail/GAW-100BMC-1A/
プラスチックと金属が強さを強調したGAW-100がベースのモデル。

G-SHOCK New Neo Tokyo Series(YouTube)
https://youtu.be/GZzvyTpcAVY

同時にイメージ映像も公開されています。

※画像:
https://www.prnewswire.com/news-releases/casio-g-shock-introduces-all-new-neo-tokyo-series-300901873.html

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

access_time create folder生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧