ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

スポーツ庁がスタートした、一人でも多くの人がスポーツに親しむ社会の実現のための「Sport in Life プロジェクト」。INFORICH社もロゴマーク取得

2020年東京オリンピックや筋トレブームなど、最近はスポーツへの関心が高まっている。

そんな中スポーツ庁が、一人でも多くの人がスポーツに親しむ社会の実現のため2019年7月より「Sport in Life プロジェクト」をスタートした。そして、本プロジェクトのシンボルとして作成された「Sport in Life」のロゴマークは、Pokémon GOのNiantic社を皮切りにさまざまな企業が付与されている。

このほど、スマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」を提供する株式会社INFORICHも、同ロゴマークを付与された。

充電器レンタルとスポーツの関係

「ChargeSPOT」のサービス詳細については、以前別の記事(https://techable.jp/archives/105570)で簡単に説明したので参考にしていただきたい。

今回ロゴマークを付与された理由には、運動中のスマートフォン利用の背景がある。

健康やダイエットに対する意識の高まりに伴い運動を行う人が増えているが、エクササイズをしながらスマートフォンで音楽を聴いたりアプリ上でアクティビティを計測をされる人にとって、バッテリーは必要不可欠。持ち運び可能なモバイルバッテリー「ChargeSPOT」は、そういったニーズを叶えるサービスということだ。

Sport in Lifeプロジェクト

スポーツ庁では、成人の週1回以上のスポーツ実施率を65%程度まで引き上げるという目標を掲げている。しかし平成30年度の調査ではスポーツ実施率は55.1%にとどまった。これを受け立ち上がったのが「Sport in Lifeプロジェクト」だ。

INFORICHの他にも、ウォーキングアプリ「SPOBY(スポビー)」を運営する株式会社CUVEYESや、スポーツテックカンパニーの株式会社TENTIALなどが、「Sport in Life プロジェクト」参画に認定されている。

今後は、関係機関等の連携した取組の実施を促進するための共同体(コンソーシアム)を創設する予定とのことだ。

Sport in Lifeプロジェクト

PR TIMES

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき