ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

ひょっこりはん、大ヒット絵本の新作は、担当編集タジタジの“こだわり”がたくさん

ひょっこりはん、大ヒット絵本の新作は、担当編集タジタジの“こだわり”がたくさん

7月26日(金)、イラストの中に隠れたひょっこりはんを探して遊ぶ絵本『はやくひょっこりはんをさがせ! めいろのもりでたからさがし』が発売されました!

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

「さがし絵本」として人気の本シリーズ。昨年8月には第1弾『ひょっこりはんをさがせ!』、12月には『もっとひょっこりはんをさがせ!』が発売され、累計21万部を突破する人気シリーズとなっています。そんな中、第3弾となる今作は、探す要素を残しつつも、迷路やストーリー要素を導入した「遊べる」絵本となっています。

今回は、絵本の魅力を皆さんにお伝えするため、隠れる場所など構成から携わったひょっこりはんにインタビューを行ないました。絵本にはどんなこだわりが詰め込まれているのでしょうか?

本を出すのが夢だった!

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

――まずは今回のコンセプトから教えてください! 

ひょっこりはん「前作よりも、よりワクワクできるものを……という思いで作りました! 3作目ということもあり、1、2作目とは違う感じでいきたかったので、今回は”迷路と宝探し”の要素を足しつつ、ひょっこりはんが登場する物語を作ったらばかばかしくていいかなって(笑)」

――大人気の本シリーズ、その理由はどんなところにあると思いますか?

ひょっこりはん「子どもから大人まで楽しめる“探す”っていうエンタメ要素と、僕の“ひょっこり出る”っていうネタが噛み合ったんだと思います。これこそ“僕がやる意味があるな”って感じがしていますね」

――絵本の話が来た時点で「いけるな」っていう思いがあったんですか?

ひょっこりはん「まず、本を出すこと自体が夢のまた夢で、想像すらしていなかったんです。いけるかどうかは分からないですけど、自分が人に探してもらう形は良いなって思っていて、(出版元である)宝島社さんも面白いと思ってオファーして下さったということは、自分の考えは間違っていないのかなとは思いました」

楽しみ方を増やしたいからこだわり抜いた!

1 2次のページ
ラフ&ピースニュースマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき