ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

スーパーマラドーナ、新ネタオンリーの単独開催! “第二章”にかける想いとは?

スーパーマラドーナ、新ネタオンリーの単独開催! “第二章”にかける想いとは?

8月29日(木)・9月6日(金)に単独ライブ『スタートライン』を開催するスーパーマラドーナ(田中一彦、武智)。昨年はM-1グランプリ(以下、M-1)ラストイヤーで一区切りついたこともあり、今年からは公式YouTubeチャンネル『スーパーマラドーナ劇場』を開設するなど、次々と新たな挑戦を始めています。そんな彼らに、単独ライブにかける思い、そしてこれからの活動について話を伺いました。

新ネタオンリーの単独、東京公演は発売1分で即完売!

(左から、田中一彦、武智)
出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

――今回の単独ライブのタイトル『スタートライン』は、どんな想いでつけられたのでしょう?

武智「これまではずっとM-1に向けてネタを作っていたんですけど、今年はもうそれを意識していなくて。若手から中堅になる区切りといいますか、“漫才師として新たなスタートラインを切る”という意味を込めました」

――単独ライブは売れ行き絶好調ですね。ルミネはなんと1分で即完売だそうです。

武智「ルミネは毎回来てくださるお客様もいらっしゃるし、30代から40代の男性のファンも多いんですよ。その層に支持してもらえるのは、すごくありがたいですね」

田中「昔は225席のキャパのbaseよしもと(以前、大阪・難波にあったよしもとの劇場)の単独ライブで、20枚くらいしか売れなかったんです。残り200枚くらいを、ずっと立ちっぱなしで手売りして……」

武智「続けて頑張るもんやなあと。応援してくださる人に感謝しかないです」

――9月6日のなんばグランド花月は初単独ですが、こちらも残席僅かと聞いています。意気込みは?

武智「ずっと大阪に住んでるんで、なんばグランド花月の偉大さは知り過ぎている。だからずっと勧められてはいたんですけど、自分としては敷居が高くてできなかったんですよね」

田中「今回決まった後も、全然集客の自信がなくて」

武智「2人ともなぁ(笑)。僕も正直、去年ならM-1ラストイヤーということでまだ可能性はあったと思うんですけど、それが終わった今年、埋まるんかな、お客様が来てくれるんかなと。でも賞レースに関係なくなった今やからこそ、ここはもうやってみよう!と思って」

――その不安は解消されましたね!初単独はM-1くらい緊張しそうですか?

田中「僕は逆に、M-1だけは緊張しなかったんですよ。多分(M-1は)何度も繰り返して仕上げて仕上げて……というネタなんで、体に沁み込んでいるからや思うんですけど。単独は新ネタばっかりですから」

武智ショートネタなし、がっつり漫才の新ネタを何本かお届けしようと思ってます」

田中「どう思います? ウケるかどうか分からんネタを、いきなり何個もやるんですよ! むちゃくちゃですやん!」

武智「怒るなよ(笑)。しかもネタを書いてない方がそれ言うなっ!」

YouTubeは新たなスーマラの“説明書”に

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

――6月からは、YouTubeで公式チャンネル「スーパーマラドーナ劇場」も開設するなど、新たな挑戦が続いています。

武智「僕らの漫才を全国の人に知ってもらえるいいシステムやなと思って。これまでやったことのないような実験的な漫才もアップして、反応を見ていきたいです。ほかにも外に出てロケしたり、それぞれの好きなことを紹介したり、どんどんやっていきたいですね。この公式チャンネルがスーパーマラドーナの“説明書”になればと思ってます。楽しみにしていてください!」

――「舞台裏を見せます」的に、今回の単独ライブの練習風景をアップする予定は?

田中「それはあげない方がいいですね。みんな多分引きますから。“…え!?田中、武智にこんなに言われるんや……”って。僕は土下座土下座の繰り返しですから」

武智「それはぶっちゃけ昔の話や(笑)。今はちゃうやろ!」

M-1を意識していないネタや新たな挑戦を見てほしい

――これからの、漫才の取り組み方についてお聞かせください。

武智「前はM-1のことしか考えてなかったです。けれど今はいろんなことをやってみたいなと。自分の笑いとかスタイルとかエゴを出すより、お客さんがどうしたら笑うかな、ということに力を注ぐようになりましたね。今回のライブでもそこを見ていただけたら。絶対成功させたいです!」

田中「すごく失敗するのもアリですけどね。盛大に遅刻するとか(編集部注:不敵な笑み)」

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

武智「そっちの失敗かい!そういう失敗は見てほしないわ」

田中「僕は緊張して、ネタ飛ばしたりしますから」

武智「若手の頃の単独ライブで、田中が半分以上ネタを飛ばしたことがあって。でもこいつ、なんかせなと思ったらしく、ずっと蝶々みたいに飛ぶフリをして乗り切ったことがあるんですよ(笑)」

田中「今回もあるかもしれませんね。何の脈絡もなく武田鉄矢さんの真似したり」

武智「田中が突然そんな動きをしたら、“あ、緊張してネタ飛んでるな”と思ってください(笑)」

――それでは、新たなスタートラインということで、相方に一言、そしてファンの方にコメントをお願いします。

田中「(武智に)もうやるなよ。単独も……いろんなことをや!」

武智「(田中に)単独はせなあかんやろ(笑)。とにかくライブ、全力でやりきろう。あと……いろいろすいませんでした!M-1以降、心配してくれた人がホンマにたくさんいると思うんです。僕自身、もしかして辞めなあかんかもと思った時期もあったから、今回単独ライブが決まったとき本当に嬉しかったんです。ライブも新しい活動も、ファンの方に楽しんでもらえるよう、精いっぱいやりたいです」

田中「単独ライブ、万が一面白くなくてもお金は返しません!(笑)」

スーパーマラドーナが新たに立つスタートライン。彼らの“第二章”は、新たな試みと挑戦続きで、かなり熱くなる予感。ぜひ、その幕開けを目に焼きつけに、劇場までお越しください!

スーパーマラドーナ単独ライブ「スタートライン」

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

■大阪公演
日時:2019年8月29日(木)19:00開場 19:30開演
会場:大阪・なんばグランド花月

■東京公演
日時:2019年9月6日(金)19:00開場 19:30開演
会場:東京・ルミネtheよしもと

【チケット料金】
前売3,000円 当日3,500円

ラフ&ピースニュースマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき