ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

新幹線で1歳息子が静かにしてくれず… 反省する母に声援相次ぐ

新幹線で1歳息子が静かにしてくれず… 反省する母に声援相次ぐ
(Zoonar/N.Okhitin/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

我々大人たちより遥かに元気な、子供という存在。それだけに、電車や新幹線といった非日常空間では、テンションが上がってしまう子も珍しくない。
アメブロが人気の料理研究家・桜井奈々のブログが注目を集めている。

■新幹線で1歳息子が静かにしてくれず…

この日、「帰省時の新幹線移動の反省点」というタイトルでブログを更新した桜井。1週間にわたって関西へ帰省していたのだが、もうすぐ2歳になる息子のことで、とある失敗をしてしまった様子。それは「新幹線の中で暇つぶしできる絵本やシールブックなどを用意しなかったこと」だ。
「飛行機と違い、まぁ動けるし」と思っていた桜井だが、電車好きな息子はテンションが上がって、目の前にあるドアに反応し、何度も出ようとしたという。ベビーカー・キャリーを置けるようにと、車両の一番前の席をとったのが裏目に出てしまったようだ。
関連記事:危ない! スマホに夢中で子供を気にかけない親の最低行動3選

■スマホに頼ることに

その結果、帰りの新幹線では、スマホで旅行中の写真を見せたり、YouTubeを見せるなど、スマホに頼ることにしたという。
いわゆる「スマホ育児」という方法で、これについては桜井も「まぁ賛否両論あると思いますが」としつつも、「うるさくして迷惑かけるより、静かに座ってられるほうが」良いと判断したと明かしたのだった。

■ママ読者から共感の声

このブログ記事に対し、ママ読者たちからは共感の声が相次いだ。みな、子供を新幹線に乗せることに、大変な苦労をしているようだ。
「我が家も2歳0ヶ月と8歳連れて先日帰省しました。シールブックやらお菓子やらたくさん用意しましたが、じっとしてるのは難しくて気を遣うし大変でした」
「我が家でも、2歳と3歳の年子を連れての新幹線! 行きはまさかの車両故障でダイヤ大幅に乱れ最悪でした! おやつで誤魔化しましたか帰りは大人の手が一人減ることに不安を覚え現地でポータプルDVDプレーヤー購入し何とか無事に帰りました!」
「スマホ…。私も子供が外に出て泣いたり、騒いだらしたら一度落ち着かせるために、もちろん使います!! しかし、このスマホも批判的な意見が多く、私も一度、あなた携帯に頼りすぎよ。これだからダメなのよ。もっと子供のことを考えなさい。と言われたことがあります。私たち親は周りに迷惑かけないように必死なのに、このようなことを言われるのは本当に悲しいです」

■4割が「スマホ動画に夢中な子供に不安」

今や、誰もが当たり前のように持つようになったスマホ。しかし、小さな子供が使っていると、「もっと他の遊びをさせたほうがいいんじゃないか」と思う人もいるのではないか。
事実、しらべぇ編集部では以前、全国20~60代の男女1,342名を対象に「スマホ動画に夢中な子供を見ると不安になる」か調査したところ、全体の43.3%が不安だと回答した。
スマホ不安グラフ
公共交通機関で騒げば睨まれ、スマホの動画を見せて静かにさせていれば「スマホに頼りすぎ」と言われる……ママたちの苦労が忍ばれる。

・合わせて読みたい→泉谷しげる、CM出演振り返りキレる 「だから俺はミスキャストだって」
(文/しらべぇ編集部・宝田洸太)
【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1,342名(有効回答数)

関連記事リンク(外部サイト)

外食時に子供にスマホを渡すのは「教育の放棄」 長嶋一茂の主張に親たちが大反論
前田敦子のインスタにドヤ顔の勝地涼 「うちの子にそっくり」という画像とは?
泉谷しげる、CM出演振り返りキレる 「だから俺はミスキャストだって」

しらべぇの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき