ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

「これは“二ノ国”である必要があるのか?」 生みの親・日野晃博を突き動かした久石譲からの強烈な一言とは?

製作総指揮/原案・脚本:日野晃博(「レイトン」シリーズ)×監督:百瀬義行(『おもひでぽろぽろ』原画 )×音楽:久石譲 (『千と千尋の神隠し』)という日本を代表するドリームメーカーが贈るアニメーション超大作『二ノ国』が8月23日より公開となります。

高校ではトップクラスの秀才で、車イスで生活している主人公“ユウ”の声を演じる山﨑賢人さんをはじめ、ユウの親友“ハル”役に新田真剣佑さん、2人の幼なじみでハルの彼女“コトナ”/二ノ国の王女アーシャの2役を永野芽郁さんが演じる本作。宮野真守さん、津田健次郎さん、坂本真綾さん、梶裕貴さん、山寺宏一さんといった声優ドリームチーム、さらにはムロツヨシさん、伊武雅刀さんら実力派俳優の参加も話題となり、この夏一番の超大作として期待が高まっています。

映画公開を前に、製作総指揮/原案・脚本を務めた日野さんが、 楽曲制作を担当した久石譲からの強烈な一言があったことを明かしました。

「この物語は『二ノ国』である必要がありますか?」完成したシナリオを見せた日野さんは、久石さんからこうコメント受けたそう。

この一言を聞いた日野さんは、「全くそのとおりだなと思って、また一からシナリオを描き直しました(笑)」と話し、一度は完成したシナリオをお蔵入りさせ、新たなストーリーを生み出すという苦難の道を選んだのだとか。

当初、映画『二ノ国』は、王宮を舞台にしたミステリーだったそう。日野さんは
「最初の物語はよりファンタジーな世界で、王様を殺したのは誰だ!? というようなストーリーだったんです。王様が死んだ理由を探っていく中で、実はそこに 涙なしでは語れない物語があるような、そんな王宮ミステリーだったんです」と幻のシナリオの一編を明かしつつ、「“一ノ国”と“二ノ国”の二つの世界を行き来するから面白いのであって、ファンタジーの世界だけが面白くても、それは“二ノ 国”と言えるのか?という課題を突き付けられましたね(笑)」と久石の一言に開眼したことを語っています。

この秘話を聞くと、幻となった感動の王宮ミステリーも非常に気になるところですが、日野は「『二ノ国』の映画を作るなら 一定のクオリティー以上のしっかりした作品を作らないといけないんです。色々な意味で覚悟を決めていかないといけない。 半端な作品にはできないという思いがありますからね」と、シナリオの練り直しという大きな決断を下した理由と、並々ならぬ映画化への想いを明かしています。

幼馴染のユウ、ハル、そしてコトナ。命の繋がりをもつ“一ノ国”(現実世界)と“二ノ国”の存在を知った時、3人の運命は二つの世界をまたにかけ、壮大且つドラマチックに展開してゆく。自分の愛する人を守るため、命を秤にかけることはできるのか? 果たして2人が下した決断とはー!?この夏、青春ファンタジーの新たな金字塔が誕生します!

『二ノ国』8月23日公開
http://wwws.warnerbros.co.jp/ninokunijp/

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき