イギリス中東部を走る電化 非電化 両路線対応 新型車両165両、日立がアベリオUK社から受注

access_time folder生活・趣味


日立グループの日立レール社は、英国中東部を走る都市間高速鉄道の新型車両165両33編成を、アベリオUK社から4億ポンド(約532億円)で受注。
日立レール社が今回製造する新型車両は、英国中東部イースト・ミッドランズ地域を行く既存の路線に投入。2022年から走り始める。
同列車は、シェフィールド、チェスターフィールド、ノッティンガム、ダービー、レスター、リンカーンを含むイースト・ミッドランズ本線の主要都市と、ケタリング、ロンドンを結ぶ。

足回りはバイモード仕様、客室内では食事も提供

客室内には、空調設備、無料のWi-Fi設備、電源コンセント、乗客むけ最新スクリーンを完備。また、ファーストクラスとスタンダードクラスの客室では、ケータリングサービスも実施する。
この新型車両は、電化・非電化区間の両路線に対応した、バイモード仕様。
最高運転速度は時速125マイル(時速約200キロ)で、非電化区間はディーゼルモードで走行。最新型エンジンを採用し、従来の高速鉄道車両と比較して最大90%の有害排出物削減を実現させた。

速達性、定時性、快適性をアップ

「これらの新しい車両は、イースト・ミッドランズ鉄道のすべての車両を置き換え、この地域の鉄道を改善させるための、6億ポンドを超える投資計画の中心を担う」と語るのは、アベリオUK社 マネージング・ダイレクター ドミニク・ブース。
「乗客のさまざまなニーズにこたえ、イースト・ミッドランズとロンドンの間をより早く結び、列車回数を増やし、従来の車両の座席数よりも80%拡大させたモデル」(ドミニク・ブース)
また日立レール社 マネージング・ダイレクター カレン・ボズウェルは、「今回の発表は、我々の英国サプライヤーネットワークにとっても朗報」とコメント。
「ダラム州にある日立の鉄道車両工場が、英国各地から調達している部品には、新しい車両が走る地域からの部品も多く含まれる。この車両と同系統の車両は、すでに英国内の他の地域の乗客の間で人気が高まり、乗客満足度も向上させている」(カレン・ボズウェル)
 
 
鉄道チャンネル編集部

関連記事リンク(外部サイト)

ファーウェイが都市鉄道ライトクラウド、LTE-R、5G DIS の各ソリューションを発表
日立とボンバルディア、360km/hで走るイタリア高速列車むけ車両を受注
日立、イタリアでデジタルチケッティングソリューションを実証実験

access_time create folder生活・趣味
鉄道チャンネルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧