【ビルボード】RADWIMPS「愛にできることはまだあるかい」がアニメ4週V、映画『ONE PIECE』公開でWANIMA再浮上

access_time folderエンタメ
【ビルボード】RADWIMPS「愛にできることはまだあるかい」がアニメ4週V、映画『ONE PIECE』公開でWANIMA再浮上

 2019年8月19日付(集計期間:2019年8月5日~8月11日)の“JAPAN Hot Animation”チャートで、『天気の子』よりRADWIMPSの「愛にできることはまだあるかい」が1位に輝いた。

 「愛にできることはまだあるかい」は、前週と変わらずラジオオンエア、ダウンロード、動画再生の3指標で1位を獲得し、Twitter 4位、カラオケ3位と高ポイントを稼いで、4度目のアニメチャート首位に輝いた。同じく『天気の子』の、RADWIMPSの「グランドエスケープ feat. 三浦透子」と「大丈夫」が2位と3位にチャートインしており、当週のアニメチャートのトップ3を『天気の子』が独占した。「グランドエスケープ feat. 三浦透子」は、「愛にできることは~」に続いてダウンロードと動画再生で2位を記録しているが、Twitterでは前週からポイントが約3倍も上昇して2位を記録。「愛にできることは~」の倍以上のポイントを稼いでいるが、これは8月9日にオンエアされた『ミュージックステーション』のパフォーマンスが大きな反響を呼んだことが一因と言えるだろう。

 4位には、前週3位だったTVアニメ『ダンベル何キロ持てる?』より、紗倉ひびき(ファイルーズあい),街雄鳴造(石川界人)の「お願いマッスル」がチャートイン。5位には、前週と変わらずMrs. GREEN APPLEの「インフェルノ」(TVアニメ『炎炎ノ消防隊』オープニング)がチャートインしている。

 7位にチャートインしたのは、8月9日より公開スタートした映画『ONE PIECE STAMPEDE』の主題歌のWANIMA「GONG」。7月29日付の本チャートに16位で初登場して、今回、チャートイン3回目にして初のトップ10入りを果たした。8月6日に公開されたミュージックビデオの動画再生と、ストリーミングとダウンロードのポイント上昇により、当週の総合ポイントは、初登場時のそれを倍近く上回った。今回のチャート再浮上は、映画公開が大きく影響していることが分かる。

◎【JAPAN Hot Animation】トップ10
1位「愛にできることはまだあるかい」RADWIMPS
2位「グランドエスケープ feat. 三浦透子」RADWIMPS
3位「大丈夫」RADWIMPS
4位「お願いマッスル」紗倉ひびき(ファイルーズあい),街雄鳴造(石川界人)
5位「インフェルノ」Mrs. GREEN APPLE
6位「ハルノヒ」あいみょん
7位「GONG」WANIMA
8位「打上花火」DAOKO × 米津玄師
9位「SUKI×SUKIはなまる!」四ノ宮那月(谷山紀章)
10位「白銀の炎 -keep the faith-」マリア・カデンツァヴナ・イヴ(日笠陽子)

関連記事リンク(外部サイト)

8月19日付Billboard JAPAN Hot Animation
WANIMAが断崖絶壁でパフォーマンス、劇場版『ONE PIECE』主題歌MV
Mrs. GREEN APPLE、「インフェルノ」MV公開

access_time create folderエンタメ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧