ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

世界初の量産型ソーラーカー「Sion」が2020年にスウェーデンで量産開始へ

独ミュンヘンで2016年に創設されたスタートアップ企業Sono Motors(ソノ・モーターズ)では、世界初の量産型ソーラーカー(SEV)「Sion(サイオン)」を2020年から量産するべく、本格的に動き出している。

・予約受注台数が1万台を突破

248個の太陽電池が装着された「Sion」は、太陽光で発電した電力を容量35キロワット時(kWh)のバッテリーに蓄え、この電力をエネルギー源として最高速度140キロメートルで走行する。

Sono Motorsの公式ウェブサイトでは、1台あたり2万5500ユーロ(約301万3800円)の前払い式で「Sion」を予約販売しており、2019年5月には予約受注台数が1万台を突破。

世界20カ国以上から予約受注を得、そのうち、ドイツ、オーストリア、スイスの3カ国からの受注がおよそ87%を占めている。

・2020年にスウェーデンで量産開始へ

Sono Motorsは、2019年4月、「Sion」の量産化に向けて、スウェーデンの電気自動車製造会社ナショナル・エレクトリック・ビーグル・スウェーデン(NEVS)との提携を発表した。

スウェーデン南西部トロルヘッタンのナショナル・エレクトリック・ビーグル・スウェーデンの工場で2020年7月以降、「Sion」の量産を開始し、その後8年間で、合わせて26万台を生産する計画だ。

「Sion」の生産に必要となるエネルギーは、すべて再生可能エネルギーでまかなわれるという。

これまでに予約受注している「Sion」は、2021年に納車される見込みだ。(文 松岡由希子)

Sono Motors

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき