ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

和牛・川西は男前で描きにくい…?新婚のアキナ・秋山が初の個展開催!

和牛・川西は男前で描きにくい…?新婚のアキナ・秋山が初の個展開催!

大阪・なんばにある「LAUGH & PEACE ART GALLERY OSAKA」にて、アキナ・秋山賢太による初の個展『アキナ秋山展〜WARM FEELING〜』が開催。初日の8月10日(土)には、アキナが揃って在廊し、来場者と歓談するレセプションパーティを実施しました。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

館内には、結婚披露宴を行なったばかりの“いま最も幸せな男”(?)秋山が描く、ポップでカラフルな、どこか心温まるイラスト87点がズラリ。缶バッジやシール、キーホルダー、Tシャツといったオリジナルグッズも販売しており、来場者が列を作るほどの盛況ぶりを見せています。

山名のカッコよすぎる“乾杯”に秋山「ロン毛に見えた」

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

挨拶に立った秋山は、「(個展を)“やってみたいな”という気持ちはずっとあったんですけど、恥ずかしい思いが勝ってしまって、なかなか踏み出せなかった。そんな時、山名くんが背中を押してくれた」と相方に感謝。続く乾杯の発声で、山名が「この世界の目に映るすべての色に乾杯!」とキザに決めると、秋山は思わず「ロン毛に見えた……」ともらして笑いを誘っていました。

作品はすべて販売されていますが、「愛着がわきすぎて、手元からなくなるのがすごく寂しい。だから“これは絶対!”って思うのだけ買ってください」と秋山。中でも『わにやんきー』と題した作品は、入ってすぐ目に入る場所に展示するほどのお気に入りとのことです。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

また、エントランス脇には、秋山のペインティングと山名の書がほどこされたフォトスポットが設けられています。山名が書いた文字は「愛」ですが、本人は「あれ絶対いらんかったわ……恥ずかしい、ホンマに」と後悔しきり。何でも、最後の“はらい”の部分に納得がいかないそう……。来場の際は、記念撮影をお忘れなく!

来場者からの質問に答えるなど、ファンとの交流を楽しんだアキナの2人。制作にまつわるエピソードを披露したり、「アホやのに(作品に)英語を使ってるのが意外やった」という山名のキツイ指摘に爆笑が起きたりと、最後まで和やかなひと時となりました。

「見られるのが恥ずかしい」気持ちを乗り越えて

1 2次のページ
ラフ&ピースニュースマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき