ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

極真空手世界チャンピオンの横浜流星にだって二面性はあるゾ!

それは12日に都内で行われた、映画『いなくなれ、群青』(9月6日全国公開)の完成披露試写会でのこと。横浜流星、飯豊まりえ、黒羽麻璃央、矢作穂香、松岡広大、松本妃代、中村里帆、そして柳明菜監督が参加したゾ。

作家・河野裕氏による、シリーズ累計100万部を突破した青春ファンタジー小説の映画化。共演者から「楽しそうな時と凛としている時がある。陰と陽がある感じ」と指摘された横浜は「はい。僕は二面性を持っています」と否定せず。自身の性格については「感情を表に出すタイプではなくて、抑え込む」と自己分析していた。でも松岡いわく「温泉に入ると笑顔になる」そう。前蹴り!

一方、横浜の印象を聞かれた飯豊は「変な例えかもしれないけれど、何を投げても綺麗にポーン!と返してくれる感じがある」と珍妙な比喩。それに横浜は「僕は壁ですか?」と戸惑うも、飯豊がこの日の白い衣装にちなんで「白い壁?」とボケると、すかさず「違います。青い壁です」と映画のタイトルに引っ掛けてボケ返していたゾ。正拳突き!

ちなみに飯豊と松岡は高校時代のクラスメートらしい。松岡は学級委員長を務めていたそうで、飯豊は「普段はまとめ役。多くは語らないけれど『広大さんお願いします』みたいになると名言を落としてくる。『みんな広大さんについていけ』みたいな存在だった」とその優等生ぶりを暴露しとったわ。16文キック!アポー!

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき