YouTubeの監視システム「Content ID」の仕組み

access_time folderエンタメ
YouTubeの監視システム「Content ID」の仕組み

YouTubeが日本で本格的に浸透し始めたのは、今から12年ほど前。最新のバラエティ番組・映画・アニメなどが無料で見られる、アングラ感の強い動画サイトとして爆発的に広がりました。その後、違法ダウンロードの刑事罰化やYouTubeの監視システム「Content ID」の強化などで、違法動画の数は少なくなりつつあります。

著作権を守るための「Content ID」

YouTubeの監視システム「Content ID」の強化などにより違法動画の数は少なくなりつつあるとはいえ、今もなお、著作権のある動画や音楽を無許可でアップして、広告収入を稼ぐ悪い輩がいるのも事実。そこで「Content ID」の仕組みについて見ていきましょう。

YouTubeが100億円以上かけて構築した、著作権を守るための監視システムが「Content ID」です。この最新システムによって、著作権のある動画や音楽が違法アップロードされる件数はかなり減ってきています。

大まかな仕組みを説明しましょう。Content IDの利用資格を得ている著作権者は、自分が権利者となっている音声や動画の参照ファイルをYouTubeに提出。提出されたファイルは、YouTube側で独自ファイルに変換し、データベース内で保存されます。

YouTubeの動画や音声はすべてスキャンされ、Content IDのデータべース内のファイルに該当するコンテンツが発見された場合、権利者側に連絡が通知されます。そして、権利者は、その動画への対応を選択できるのです。

「Content ID」で発見された時の対応

Content IDの対応1つめは「何もしない」、2つめは「動画の視聴状況のデータを閲覧する」、3つめは「動画に広告を入れて収益化」になります。この場合、アップロード者と収益を分配することも可能です。そして、4つめは「動画が見られないようにブロック」、5つめは「音声をミュートにする」です。

申し立てされた動画は一旦審議され、広告収益は保留。審議の結果、申し立て者に権利があると認められると、広告収益はその権利者に渡るようになります。

例えば、Aさんが作ったオリジナル曲を、勝手にBGMにしてBさんが独自に作成した動画をYouTubeにアップ。Aさんは異議申し立てすれば、動画の広告収益をAさんが受け取ることが可能なのです。

このように、クリエイターや権利者を守るために作られたContent IDですが、このシステムが完全とはいい難く、いまだにシステムの穴を見つけ、他人の著作物を違法にアップロードすることで広告収益を稼ぐ不届き者は後を絶ちません。

関連記事リンク(外部サイト)

テレビの裏ワザ満載「カラバコ」を知っている?
Amazon Fire TVの機能を強制的に拡張する方法
ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
KODIをAmazon Fire TVにインストールする方法
YouTubeの検索テクニックを駆使して動画を探す

access_time create folderエンタメ
ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧