ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

わーすた、FREE LIVEへ向けたスタジオライブ映像第2弾公開!

わーすた、FREE LIVEへ向けたスタジオライブ映像第2弾公開!

2019年10月08日(火)にわーすた初となる東京・代々木公園野外ステージ
でのFREE LIVE “ゆうめいに、にゃる!!!!!”の開催が先月解禁され、
解禁時にYou Tubeで楽しめる わーすた STUDIO LIVE“ゆうめいに、にゃる!!!!!”
で「最上級ぱらどっくす」&「NEW にゃーくにゃくにゃ水族館2」の映像も
合わせて公開されたが、3ヶ月連続で毎月12日(わんにゃんの日)にSTUDIOLIVE映像を
公開するとされ、第2弾として「PLATONIC GIRL」のSTUDIOLIVE映像が本日公開された。
SNS上では、第2弾映像公開を心待ちにしているわーしっぷ(ファンの呼称)の声が
日に日に増す中、SNSでは「PLATONIC GIRL」を公開してほしいという声も多く、待望の解禁となっている。
「PLATONIC GIRL」はロックテイストな楽曲ともあり、メインボーカル三品の巻き舌混じりに歌唱する様が
非常に映え、対して廣川のボーカルは的確に声を置きつつ三品とは相対的な魅力を出しており、
パフォーマーの坂元、松田、小玉もこの楽曲のフォーメーションではボーカルの前に出てダンスするシーンや、
各パフォーマーの個々それぞれの色が出ているダンスも楽しめる。
これぞ「わーすた」の魅力の詰まったパフォーマンスライブ映像になっている。
SNSではFREE LIVEへ向けた、賑やかしの施策としてファンと一緒に作るステージバックバナーの企画や、
クラウドファンディングでは次の目標金額を達成するとFREE LIVE1週間前に、渋谷区を走る
わーすたのアドトラック企画、また、本日SNSではスマホ用のFREE LIVE壁紙を無料で配布するなど、
10月08日(火)が近くに連れて、色々な企画が発表されているのでそちらも是非チェックしてほしい。
来月がSTUDIOLIVE映像の完結の3ヶ月目となっており、来月は2曲の公開が決まっている。
そちらも楽しみにしつつ、無料で見れるわーすたのFREE LIVEに10月08日(火)は足を運んでみてはいかがだろうか?
【わーすた STUDIOLIVE“ゆうめいに、にゃる!!!!!”】
「PLATONIC GIRL」
https://www.youtube.com/watch?v=TK-mu1WLSl0
「最上級ぱらどっくす」
https://www.youtube.com/watch?v=N6Sg-pDttAA
「NEW にゃーくにゃくにゃ水族館2」
https://www.youtube.com/watch?v=sJonSM4TbGg
【わーすた初のFREE LIVE“ゆうめいに、にゃる!!!!!”】
2019年10月08日(火)17:00 open / 18:00 start
観覧無料 / FREEエリア 整理券配布時間14:00〜
<わーすた 東名阪福ツアー2019>
・11/04(月・祝)東京・山野ホール
・11/10(日)福岡・Drum Be-1
・12/01(日)愛知・ボトムライン
・12/08(日)大阪・amHALL
<坂元葉月 生誕イベント『さかもとはづき うまれました。~おとなちゃま。21さいです。~』>
■日程
2019年9月15日(日)
<昼の部>OPEN 13:00/START 13:30
<夜の部>OPEN 17:00/START 17:30
※開場、開演時間は変更になる場合がございます。
■会場
ドイツ文化会館OAGホール
■チケット代:前売り
全自由:3,500円(税込)
<小玉梨々華 生誕イベント>
【日程】2019年10月6日(日)
【場所】ドイツ文化会館OAGホール
※詳細は、後日発表
わーすたオフィシャルホームページ
https://wa-suta.world/
わーすた オフィシャルファンクラブページ
https://waship.world/pc/index.html


関連記事リンク(外部サイト)

ゑんら:【イベントレポート】10000枚チャレンジ結果発表! 万感の思いを抱いた期間から再び歩み出すゑんらのストーリー、次のステップへ『このゑんらの3人じゃなかったら挫けてたかもしれない』
【ライブレポート】「感謝還元祭」2日目レポート!!〜Bury 編〜
Chu-Z:【インタビュー】「ばりばりんりん」リリースインタビュー『今のChu-Zは昔と全然違うグループになっているし、この9人で今までの最高を常に更新していきたい』

Second Innovationの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき