エアアジアXがA330neo初号機を受領 日本線にも投入予定

access_time folderエンタメ
エアアジアXがA330neo初号機を受領 日本線にも投入予定

 日本各地にも乗り入れているタイのLCC、タイ・エアアジアX向けのエアバスA330neo初号機が引き渡されたと2019年8月9日、エアバスが発表しました。現在長距離路線で運航されているA330の後継として、2019年末にも就航します。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 機種側面、コクピットの窓下にタイ国旗を描いたタイ・エアアジアXのA330neo(A330-900)。アイルランドの航空機リース会社、アボロン(Avolon)からリースする形となります。

 キャビンは2クラス構成で、プレミアムフラットベッド12席、エコノミークラスとなるホットシート(非常口座席)、スタンダードシートが365席の計377席。プレミアムフラットベッドのすぐ後ろ、7~14列目の座席はノイズを最小限に抑え、特別照明がついた「クワイエットゾーン」となっており、機内食も早く提供されます。

 現在、タイ・エアアジアXは長距離路線で36機のA330-300を運航していますが、これをより燃費効率のいいA330neoに置き替える計画。現時点で66機を発注しており、A330neo最大のオペレーターとなります。

 タイ・エアアジアXのA330neoは、タイ・バンコクのドンムアン空港を拠点とし、日本をはじめオーストラリアや韓国といった主要路線に投入予定。東南アジアを代表する長距離LCCとして、タイ・エアアジアXの路線拡大の中心をA300neoが担うことになります。

<出典・引用>
エアバス プレスリリース
Image:Airbus

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

最後のレッドブル・エアレース 千葉大会レーストラック公開
アメリカ軍の新型通信衛星AEHF-5打ち上げ成功
毎秒1.8ギガビット!高速データ中継衛星EDRS-C打ち上げ成功

access_time create folderエンタメ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧