ワンセグも聞ける高感度ラジオ「XDR-56TV」

access_time folderエンタメ
ワンセグも聞ける高感度ラジオ「XDR-56TV」

手の平にギリギリ収まるコンパクトなサイズ感ながら、AM/FMラジオ放送に加え、ワンセグ(地デジ)音声の受信に対応したラジオがソニーの「XDR-56TV」です。洗練されたデザインが特徴で、ドットマトリクスの大きな液晶表示といい、中央のジョグレバーといい、テクノロジーが凝縮されたワクワクを感じられます。

XDR-56TVのワンセグ受信は超高感度

「XDR-56TV」のAM/FM波の感度は十分高く、特にFM波は、低い周波数からワイドFMの高い周波数まで、感度のバラツキを感じません。上下の感度にわずかなクセが見られる機種も多いのですが、「XDR-56TV」では全く気にならず、安定して電波をつかまえてくれます。

一方、ワンセグについては、超高感度でワンセグ受信機能がある他のラジオなどと比較しても、アタマ2つ分ぐらい抜けている印象です。

なお、ワンセグ音声は、地域設定で自宅の地域に合わせるとスキャンを開始して受信できるようになる仕組み。過去にワンセグラジオを買ったけれど部屋の中では途切れ途切れだったという人でも、XDR-56TVなら大丈夫でしょう。

XDR-56TVの音質はクリアで聞きやすい

「XDR-56TV」の音質は、総じてクリアで聞きやすい印象です。スピーカーの出音は、少しだけ硬い傾向はあるものの、サイズ感と比較して本体重量があるので、低音もしっかりと鳴ってくれます。

そのあたりのチューニングのせいか、ヘッドホンから出る音は少しだけ低音が厚めですが、音のバランスや繊細さが失われることはありません。特にFM波とワンセグはステレオにも対応し、音の輪郭に透明感があって、初めてCDを聞いた時のような衝撃を味わえます。

受信周波数はAMラジオ放送531~1710kHz(9kHzステップ)/FMラジオ放送76.0~108.0MHz(0.1MHzステップ)/ワンセグテレビ13~52chです。サイズ/重さは180W×95H×49Dmm/460gで、電源は単3形乾電池×4本、DC6V外部電源、製造国は中国となっています。実勢価格は12,600円です。

関連記事リンク(外部サイト)

ラジオおすすめの1台はソニーのICF-M780N
ソニーのラジオを超えたTECSUN「PL-880」
InterFMが89.7MHzへ周波数を変更した理由とは
ソニーのラジオ新定番「ICF-M780N」は感度良好
AMラジオの受信感度で選ぶなら「ICZ-R250TV」

access_time create folderエンタメ
ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧