ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

“デッドプール”パロディDVDの名付け親にマジでなれる!あのサメの人&スキージャンプ・ペア監督も来場する楽しげイベントが開催

映画の邦題って、槍玉に挙がる時は挙がりますよね。原題とかけ離れている! ローカライズしすぎ! 『バス男』! などなど一時期ディスニー邦題警察が活発だった時期もありましたが、<とある界隈>では邦題歓迎。しかも自分で決められるかも、という素敵なイベントまであります。

http://pundit.jp/events/4240/

それが8月10日(土)開催の「第二回 邦題をつけるのはアナタ!“デッドでプール”なエロパロ大喜利!」で、アッコさんも裸足で逃げ出しそうな楽し気なイベントの模様。実はアクセル・ブラウン監督による『Deadpool XXX』という、すでにこの時点でザワザワしそうな作品が、今秋、いよいよ日本でリリースとなるも、実はまだ邦題が決まっていないとのことで。

そこで今回、“名付け親”を募りましょうということで、同イベントを開催。邦題史上、最高の名作『床ジョーズ』級の思わず笑えてキャッチーなタイトルを関係者の方々は大期待しているそうで、当日は会場に<コンマビジョンの中の人>も駆けつけジャッジ。見届け目的の来場もアリです。優秀なタイトルは“邦題”としてマジでリリースされ、これは一生モノの勲章になるでしょう。見方によっては十字架かもしれないが、「18歳以上のシャレのわかる方、心の広い方のご来場をお待ちしております」だそう。

そして同イベントを回す人がコノ人! “サメンテーター”でおなじみ、中野ダンキチ氏で、今回はサメを封印。同イベント開催に向けコメントも。

■関連記事:トークイベント『サメらを止めるな!』開催 “サメンテーター”中野ダンキチ氏に改めて聞く「なんでサメにハマったんですか?」[リンク]

お疲れ山でございますよ。
今週末土曜日夕方~夜
おなじみ高円寺パンディットでイベントでございます。
今回はエロパロ。
映画『デッド・プール』のパロディー作品にシモなタイトルをつけるイベントです。本編上映はなし。良タイトルを考えていただくと、実際に邦題に採用されて販売されます。
ゲストは、各種「シベ超」イベントにも何度も巻き込んでいる映像作家の真島理一郎さん。おヒマな方はぜひご連絡をー!!!

と、鼻息荒い。興味がある方は、ちょいと高円寺まで足をのばしてみて!

◆コンマビジョン協力 第二回 邦題をつけるのはアナタ! “デッドでプール”なエロパロ大喜利!

【日時】2019年8月10日(土)OPEN 18:30 / START 19:00
【会場】高円寺パンディット 東京都杉並区高円寺北3-8-12 2階
【料金】前売り¥1000 / 当日 ¥1500(いずれも要別途2ドリンク)
【登壇】中野ダンキチ 高円寺パンディット迷画座支配人/お宝映画発掘家
【ゲスト】コンマビジョンの中の人
【特別ゲスト】真島理一郎(映像作家)
【イベント協力】株式会社コンマビジョン

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ときたたかし) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき