トイレのフタ自動開閉を便座連動にするコマンド

access_time folderエンタメ
トイレのフタ自動開閉を便座連動にするコマンド

いまやシャワートイレは付いていないと用を足せないという人もいるほど、一般家庭に普及しています。個人のこだわりが出やすく「もっとシャワーが強くしたい」「便座が熱すぎ」という不満の声も上がりがちです。そんな時は、シャワートイレを自分好みに設定する隠しコマンドで自分好みの設定にしてしまいましょう。

便フタの自動開閉を便座と一緒にする

TOTOのシャワートイレには、一人暮らしの男性宅で活躍する隠しコマンドが存在します。「TCF-446」は人体検知機能により便フタを自動で開閉できるシャワートイレですが、隠しコマンドを使うことで便座も一緒に開閉可能になります。

隠しコマンドは、まず「止」ボタンを10秒以上プッシュ。すると液晶画面が点滅するので、上部右の便座ボタンを1度押します。さらに「止」ボタンをもう1度押せば設定完了です。

これで人体検知機能で便フタと便座が同時に自動オープンするというわけ。なお、シャワートイレの裏コマンドによるモードを終了する場合は、基本的に実行した際のコマンドと同じ操作をすればOKです。

シャワートイレに管理者用モード搭載

シャワートイレあるあるが便座の温度設定が冷たすぎたり、シャワーの温度が熱すぎたりする現象。そんな場合は、便座脇にある操作ボタンで自分好みに調整するのが通常でしょう。

しかし、TOTOの一部のシャワートイレには、管理者用モードが搭載されており、便座と温水の温度調整ができないようになっています。TOTOのパブリック向けシャワートイレ「TCF584R」「TCF581WR」などです。

そんな時は「設定モード」ボタンを長押しして、管理者モードに突入。3段階または5段階で、便座とシャワーの温度を調整できるようになるのです。「TCF581WR」はカバーの中にボタンが隠されています。

関連記事リンク(外部サイト)

エレベーターのボタン2回押し以外の裏コマンド
カラオケで高得点が取れる裏コマンドとは?
TOTOのウォシュレットには隠しコマンドがあった
エレベーターのボタンをキャンセルするコマンド
Windows操作性が劇的に向上する“神”コマンド

access_time create folderエンタメ
ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧