ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

「令和のデビルマン」の声も!? 賛否両論の映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」

8月2日に公開となった、山崎貴総監督・脚本の映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」(DQYS)。
シリーズの中でも人気のドラゴンクエストVをもとにしたフル3DCGアニメーション作品である。観に行ったファンの方も多いと思うが、かなり賛否両論の作品となっているようだ。

8月7日の時点で、『Yahoo!映画』は2000以上の評価を集め2.85点。

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー – 作品 – Yahoo!映画

https://movies.yahoo.co.jp/movie/367173/[リンク]

「お役立ち度順」にレビュータイトルを並べてみると

・映画館で初めて罵声を飛ばしたくなった
・酷い仕打ちと言える作品
・褒めている人は想像力が足りない
・エンタメ二度と作るの辞めた方が良い
・夢を否定する詐欺師
・最低最悪のクソ映画。
・史上最悪の改変
・辛辣な意見を述べます
・ドラクエに「ちゃぶ台返し」は要らない
・絶対にやってはいけないことをした

といった感じになってしまっている。

一方、『映画.com』は400件ほどの評価を集め2.1となっている。

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー : 作品情報 – 映画.com
https://eiga.com/movie/90776/[リンク]

SNSでは「令和のデビルマン」なる呼び名も出てきているようだ。

※ネタバレあり
「令和のデビルマン」と話題(?)の映画「ドラゴンクエスト ユアストーリー」感想
https://togetter.com/li/1383590[リンク]

両方とも映画館でお金払って観た、あくまで個人的な感想であるが、デビルマンがボクシングで12ラウンドずっと殴られてたような作品であるのに対し、DQYSは11ラウンドボクシングで普通に戦ってて12ラウンドでリングが爆発した感じであろうか。
観終わった後、なんか監督からAAによくある「ねぇねぇ今どんな気持ち?」と言われているような感じがした。

昨年「カメラを止めるな!」を観ていたときに「やられた!」と思ったのだが、今回「DQYS」を観ていても「やられた!」と思った。同じ言葉なのに違う意味に聞こえる、ふしぎ!

邦キチ調べでも「この夏もっとも話題の映画」だという『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』。

「この唯一無二の映画体験、みんなぜったい観るべき!!」次回の『邦キチ!映子さん』は『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』
https://getnews.jp/archives/2188678[リンク]

興味のある方はご覧になってみてはいかがだろうか。

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:[email protected]

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき