ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【最強グルメ】おそらく世界一美味しい塩「ひんぎゃの塩」が号泣レベルでウマすぎる

aogashima-tokyo

日本各地はもちろんのこと、シチリア、ハワイ、平壌、ストックホルム、ヘルシンキ、ヒマラヤ、そのほか数え切れないほど複数の地域で塩を食べてきたが、東京都の青ヶ島で作られている「ひんぎゃの塩」の美味しさを超える塩に出会ったことがない。

・島自体が火口をメインに形成
ひんぎゃの塩が作られている青ヶ島は、東京都にありながら八丈島のさらに沖に浮かぶ離島。人口は178人しかおらず、島自体が火口をメインに形成されており、いま現在も活火山として指定されている。

aogashima-tokyo1
aogashima
aogashima-shio3
aogashima-shio4
aogashima-shio6
aogashima-shio5
aogashima-shio11

・神聖な場として立ち入りが禁じられている
地球上では非常に稀な、火口の中に火口がある二重カルデラが独特な地形を作り出している。火口部分は森となっているが、神聖な場として立ち入りが禁じられている。

・旨味をジワッと堪能できる極上の塩
そんな青ヶ島の特産品として焼酎「青酎」が知られているが、実は青ヶ島で作られている塩こそが、青ヶ島が誇る最高峰の特産品ともいわれている。独特な地形と海、そして地熱からに生まれる塩は、絶妙なバランスのミネラル成分を豊富に含んでおり、旨味をジワッと堪能できる極上の塩なのだ。

aogashima-shio1
aogashima-shio2
aogashima-shio17
aogashima-shio9
aogashima-shio15
aogashima-shio16
aogashima-shio7
aogashima-shio8
aogashima-shio12
aogashima-shio13
aogashima-shio14

・ひんぎゃの塩を手に入れるために青ヶ島
ひんぎゃの塩は、グルメな人たちを魅了する最高の塩として密かに人気を博しているが、大量生産できないため、青ヶ島の商店でも売り切れることがあるほど。大げさに聞こえるかもしれないが、ひんぎゃの塩を手に入れるために青ヶ島に行っても損はしない、それほど美味な塩と言ってもよいだろう。

・天候が悪いと運休
青ヶ島には、ANAで羽田空港から八丈島に飛び、そこからヘリコプターかフェリーで行くことができる。天候が悪いと運休するため、行けなかったり、帰れなかったりする。

もっと詳しく読む: おそらく世界一美味しい塩「ひんぎゃの塩」が号泣レベルでウマすぎる(東京メインディッシュ) http://main-dish.com/2019/08/06/tokyo-aogashima-shio/

東京メインディッシュの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき