イギリスの独特すぎるフレンチフライ 後世に残したいのはどれ?

access_time create folderグルメ

英マンチェスターの地元紙、The MancがTwitterで、イギリス独特のチップス(イギリス英語でフレンチフライのこと)4種類の中からどれを残していきたいか、というツイートをし、多くの反響を得ています。


https://twitter.com/TheMancUK/status/1156860988706172929
The Mancが提示したのは、「チップス&カレー」、「チージーチップス」、「チップス&グレービー」、「チップス&ピーズ」の4種類。どれも日本人にはなじみのないものですね。The Mancが投稿した画像にある「チージーチップス」のチーズが溶けていないのも不思議です。

「チップスは、アメリカのフレンチフライとは違う」と言い張るイギリス人からは、様々な声が寄せられています。

・チップス&グレービーは国の宝だよ。
・どれも残さなくていいんじゃね
・やっぱチップス&グレービーかなあ
・チップス&グレービー。議論の余地なし
・チップス&カレーは一日中食べていられる
・全部残したくないって選択肢はないの?
・チージーチップスは永遠よ

イギリス人ではない&なさそうな人達からも、「こういうフレンチフライは全部違法にすべき」、「イギリス人じゃないけど、チップス&カレーが正解だね」、「チップス&ピーズ以外はいいと思うよ」、「チーズが溶けてないとかあり得ない」、「ヨーロッパの国々がブレグジット(イギリスのEU離脱)を要求しなかったのが不思議」、「イギリスって国は病んでるな」、「アメリカ人はジョージ・ワシントンに感謝しないと。こういった食べ物からアメリカ人を救ってくれたんだぜ」、「なんでイギリスの食べ物は、トレーラーパークのゴミ箱に捨てられている冷凍食品みたいなんだ」、「道理で国のトップがボリス・ジョンソンなわけだ」、「どれもマズそう」、「そもそも食べ物なの?」、「イギリスのTwitterって変じゃね」といった辛辣な言葉や皮肉が寄せられています。

「イギリスの食事はまずい」というイメージは、世界中で定着しているようですね。

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/TheMancUK/status/1156860988706172929

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

access_time create folderグルメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧