ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【速報レポート】TIF2019 3日目:ROSARIO+CROSS ライブレポート@ FUJI YOKO STAGE『頼ってもいいんだぜ 遠慮はいらないんだぜ。ROSARIO+CROSSが作りあげた熱い青春の風景!!!!!』

【速報レポート】TIF2019 3日目:ROSARIO+CROSS ライブレポート@ FUJI YOKO STAGE『頼ってもいいんだぜ 遠慮はいらないんだぜ。ROSARIO+CROSSが作りあげた熱い青春の風景!!!!!』

世界最大規模のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL(略称:TIF)」は今年も8/2、8/3、8/4の3日間で開催。セカイベでは速報ライブレポートをお伝えする。
今回は3日目、8/4にFUJI YOKO STAGEにて行われた、ROSARIO+CROSSのライブをレポートにてお届けする。
TIFへの出演は、3年連続3回目。ROSARIO+CROSSにとって今年のTIF最後のステージの場となったのが、3年前にTIFのデビューステージを飾った「フジさんのヨコ」ステージ。
「HELLO! HELLO! 未来」と自分たちの未来へ期待を傾けるように、ROSARIO+CROSSのライブは「HELLO!未来」から幕を開けた。力強く真っ直ぐに伸びる歌声が、会場中にいる人たちの胸にも晴れやかな気持ちを注いでゆく。「君のためにやれることは何でもするよ! 頼ってもいいんだぜ 遠慮はいらないんだぜ」と誘いをかける彼女たち。その言葉に刺激を受け、遠慮なく頼る…のではなく、声を張り上げ、思いを返す観客たち。一瞬にして互いの壁を取り払い、一緒に思いをぶつけ、共に気持ちを高ぶらす、この関係性が素敵じゃない。
続く、「そうさ、僕らは共犯者」では、クールな装いも描きながら、会場にいる人たちをROSARIO+CROSSの持つ秘めた魔性の魅力へ誘い込む。何時も晴れた笑顔を見せる彼女たちが隠し持ったクールでエレガントな姿。そのギャップに、心がドキッとときめいていたことも報告しておこう。
最後は「青春コールミー」だ。ありったけの力をぶつけながら、ともに青春のときめきを感じようようと、彼女たちは誘いをかけてゆく。パワフルなダンスパフォーマンスに熱い視線を向けながらも、何時しか5人と一緒に眩しい青春の時間を熱狂の中で交わしあっていた。
ROSARIO+CROSSは、配信シングル「Blue Monday/夏だ!!」を発売したばかり。この夏、まだまだROSARIO+CROSSと一緒に夏を満喫したい!!
TEXT:長澤智典

関連記事リンク(外部サイト)

ゑんら:【イベントレポート】10000枚チャレンジ結果発表! 万感の思いを抱いた期間から再び歩み出すゑんらのストーリー、次のステップへ『このゑんらの3人じゃなかったら挫けてたかもしれない』
【ライブレポート】「感謝還元祭」2日目レポート!!〜Bury 編〜
Chu-Z:【インタビュー】「ばりばりんりん」リリースインタビュー『今のChu-Zは昔と全然違うグループになっているし、この9人で今までの最高を常に更新していきたい』

Second Innovationの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき