ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

撃ちまくり爆発しまくりの激闘を楽しもう。”ラン&ガン”インディーゲーム5+1選

しかし、手持ちの武器はオート連射可能、毎ステージの最後には大型のボスとの戦闘がある、爆発は派手など、随所に特徴を持った仕上がりだ。アップグレードシステムの存在もあって、繰り返しプレイを重ねることでお金が溜まり、プレイヤーが強くなって楽になるなど、ゲームバランスもアクションゲームが苦手なプレイヤーにも配慮されたものになっている。もちろん、上級者を対象とした高難易度の二周目と言ったフォローも万全だ。テイストは異なるものの、「ラン&ガン」の醍醐味はしっかり味わえる良作。

最新のNintendo Switch版は、それまでiOS版特有のものだった外出先でも気軽に遊べる強みが加わっているので、未プレイであればぜひ。

[基本情報]
タイトル:『ケロブラスター』
制作者: 開発室Pixel(※販売:PLAYISM)
クリア時間: 3~5時間
対応OS: PC(Windows)、iOS、PlayStation 4、Nintendo Switch
価格: ¥980

購入はこちらから
※PC(Windows):PLAYISMストア
https://playism.com/ja/product/kero-blaster

※PC(Windows):Steam

※iOS
https://apps.apple.com/jp/app/%E3%82%B1%E3%83%AD%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC/id867598817

※PlayStation 4
https://store.playstation.com/ja-jp/product/JP0122-CUSA06011_00-KEROBLASTERJP000

※Nintendo Switch
https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000007783

Cuphead

run_gun_06

当もぐらゲームスにもレビューを掲載している本作は、『魂斗羅』、『ガンスターヒーローズ』などの影響を受けたと、制作の「Studio MDHR」設立者で代表のChad&Jared Moldenhauer兄弟が明言している紛うことなき「ラン&ガン」の新作だ。本編にも「RUN&GUN」と名付けられたステージがあり、次々と現れる敵をマシンガンのように放たれる「ミズテッポウ」などを始めとする武器で倒しながら進める、伝統的な展開を楽しめる。
run_gun_07

だが、真に注目すべきは本作の根幹に当たるボス戦だ。1フレーム単位で手描き、手塗りによって表現された巨大ボス達は圧巻の一言。ダメージを与える度に姿を変え、攻撃がより仰々しくなるのも、往年のラン&ガン作品を意識したものになっていて、終始、気の抜けないスリルと倒した時の確かな達成感を味わえる。極め付けに総数にして30体以上、似通った個体も一切なし、しっかり無傷で倒せるよう入念にバランス調整も施されているという徹底ぶりである。

爽快感よりもやり応え重視の作風で、どちらかというと腰を据えて遊ぶタイプだ。ボリュームも大きい。しかし、見応え十分のアニメーションにバランスの取れた高難易度、魅力的なボスキャラクター達が光る傑作に完成されている。

2017年のレビュー当時は日本語非対応だったが、2019年4月13日の関連アップデートでついに対応し、ストーリー共々、楽しめるようになった。さらにNintendo Switch版も配信。今後、Nintendo Switch版はXbox Liveへの対応が行われるほか、全機種共通で新たなキャラクターとステージ、ボスを追加するダウンロードコンテンツの配信も行われることになっている。間違いなく、昨今の「ラン&ガン」を象徴する一作。まだプレイしていない方は、ぜひこの機会に挑んでみよう。けど、悪魔の誘いには乗っちゃ駄目だぜ……!

前のページ 1 2 3 4 5次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき