ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

撃ちまくり爆発しまくりの激闘を楽しもう。”ラン&ガン”インディーゲーム5+1選

今なお根強い人気を保ち続ける横スクロールのアクションゲーム。家庭用ゲーム機においては、特に1980~1990年代にかけ、数多くの新作が生まれては好評を博した。昨今もその人気は衰えず、主にインディーゲーム界隈においては意欲的な新作が続々と誕生している。ただ、全体としては探索型……任天堂の『メトロイド』やKONAMIの『悪魔城ドラキュラ(※月下の夜想曲以降)』に影響を受けたものが多い。純粋なステージクリア型、ゴールを目指すタイプのものは二番手の印象だ。

とは言え、ステージクリア型で大きな人気を博した作品は少なくない。
家庭用ゲーム機界隈に至っては、今なお絶大な信頼を得ている。
そして昨今、そんなステージクリア型における一つのスタイルが静かに勢いづいている。

「ラン&ガン」だ。

ラン&ガンとは

直訳すれば「走って撃つ」
いわゆる、マシンガンのような連射系の武器で敵と戦うスタイルだ。
シューティング色の強いアクションゲーム、というと想像しやすいかもしれない。主にステージクリア型にて採用される傾向が多く、1980~1990年代にかけ、人気を博した作品が複数存在した。

run_gun_01
▲『魂斗羅アニバーサリーコレクション』より、ファミコン版『魂斗羅』

最も象徴的な作品と言われるのが、KONAMIの『魂斗羅(コントラ)』。筋肉隆々な主人公を操作し、次々と迫りくる敵エイリアン達をマシンガンなどの多彩な武器で倒していくアクションゲームだ。その分かりやすくも爽快感満点、それでいて手応え十分の難易度で人気を博し、以降、家庭用ゲーム機に移植、専用の新作が作られるなりしてシリーズ化を遂げた。

他にその魂斗羅に携わったクリエイターが制作した『ガンスターヒーローズ』、ミリタリー色の強い世界観と弾数制限、近接武器などの特徴を持つ『メタルスラッグ』も代表的な作品として謳われる。

例に挙げた作品には、共通した特徴がある。(以下に列挙)

・走りながら撃てる弾数無限のマシンガン系武器
・複数の武器を使い分ける戦術性
・続々と湧き出てくる大量の雑魚敵
・派手な爆発と巨大なボス
・荒唐無稽で仰々しい演出
・一周単位の手頃なボリューム

マシンガン系武器に関しては、弾数制限付きの例もあるが、本スタイルにおける最も象徴的な要素なのは間違いない。大量の雑魚敵、爆発、巨大ボスはいずれも共通。爽快感と達成感を際立たせる要素だ。

プレイ時間の短さもある。基本的に早ければ30分~1時間程度で一周できるものが多い。ゆえにボリュームは不足気味だが、その分、ステージ一つの密度を濃くする手法でまとめられている。そして、コンパクトにまとまっているからこそ、気分転換に適している。寝る前に一プレイなど、気軽に遊べるアクションゲームとも言えるだろう。

そんな「ラン&ガン」の作品は特に2000年以降、先に挙げた三つに続くヒット作が現れず、次第に存在感を薄めていった。だが、インディーゲームの台頭以降、僅かながら新作が出てくるようになる。

run_gun_02
▲『Cave Story +』(Nintendo Switch)より

また、探索型に同スタイルを用いた作品も出てきている。
『洞窟物語(Cave Story)』は象徴的な一例と言えるだろう。

もちろん、ステージクリア型にも多数の新作が誕生している。非常に長い前置きになったが、本記事ではそんな現代に誕生した「ラン&ガン」作品を五作ピックアップして紹介する。中には先に列挙した特徴から外れた例もあるが、他の部分はきちんと持ち合わせたものばかりだ。興味があれば、ぜひその独特なプレイスタイルを味わってみて欲しい。

ケロブラスター

run_gun_03

先にも名を出した『洞窟物語』の開発室Pixel制作による作品。2014年5月11日にWindows、iOS向けにリリースされた。後発で2017年4月11日にPlayStation 4、2018年8月23日にはNintendo Switchへと移植されている。「C&F(キャットアンドフロッグ)社」に所属するサラリーマンのカエルを操作し、様々な武器を駆使して「大そうじ」として敵を退治していく内容。
run_gun_04

本作を「ラン&ガン」にカテゴライズするのは、少し際どくもある。特に敵があらかじめ出現位置などが定められているので、一体ずつ堅実に対処していくのが基本となるからだ(その関係で敵の耐久度も高めに設定されている)。さらにダメージ制、道中で手に入るお金を用いて体力や手持ちの武器を強化するアップグレードシステムもあるため、力押しも効きやすい。ボリュームも1時間ほどでクリアできる物量ではない。
run_gun_05

1 2 3 4 5次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき