ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

イレギュラーな異世界英雄譚を描くSRPG……の姿をした異色の一作『NAROUファンタジー』

現実世界から別世界に送り込まれた少年少女、時々中年の男性が持ちうる力を発揮して悪と戦ったり、新たな人生を歩み始める様子などを描く、定番題材の「異世界転生」。もしくは「異世界転移」。
narou_01

今回紹介するフリーゲーム『NAROUファンタジー』もまた、それを題材としたシミュレーションRPG(以下、SRPG)である。そもそも「NAROU」……異世界を舞台にした作品が多く投稿され、賑わいを見せているユーザー参加型の小説投稿サイト「小説家になろう!」を連想させる名を冠している時点で、大体、そんな作品であるのが察せる。
narou_02

実際に本編も期待を裏切らない始まり方をする。
勇者大好きな巫女「ミーコ」によって、16歳の少年「篝矢 錬(かがりや れん)」が異世界へと召喚。何故か手にした不思議な剣を片手に魔物の軍勢と戦闘してこれを退け、その圧倒的な力を駆使して、人間を蹂躙する「魔神」から世界を救う冒険に出る。
これぞ異世界、そしてヒーローモノのお約束を踏まえたあらすじだ。

……と、大ウソ甚だしいことを書き殴らせていただいた。

何故かと言えば、本作は”イレギュラー”な作品であるからだ。
そもそも、ゲームジャンルにしたってSRPGではない。

戦わずに逃げろ!?戦術・戦略性皆無、初見殺してんこ盛りのSRPG?

いや、しかし、どう見てもスクリーンショットの一枚は……と、言いたくなるのも当然だ。
本作はSRPG専門のゲーム制作ツール「SRPG Studio」で作られている。

ゲームプレイもSRPGのそれだ。カーソルでユニットを掴んで動かし、敵に戦闘を仕掛けるなりして目標達成を目指す。敵と味方の順に行動する「ターン制」、敵を倒す度に手に入る経験値が100に達すればユニットが強くなる「レベルアップ」など、システム周りも同ジャンルの基本を踏襲している。

それでも本作はSRPGではない。
基本の枠組み以外のあらゆる部分が”イレギュラー”なのだ。

一つにユニット周り。SRPGは総勢30~50人以上に及ぶ個性豊かなキャラクターが仲間ユニットとして加入し、それぞれを戦況に応じて使い分けながら困難を潜り抜けたり、その成長に一喜一憂するのが醍醐味の一つだ。
narou_03

本作の場合、登場ユニットは30人にも満たない。10人いるかいないかの最少人数となっている。さらに、主力は主人公ほぼ一人。仲間もいるが、大抵は操作不能なゲストだったり、使えても活躍の場が僅かしかない。ゆえに、己の力に頼るしかない。

だが、それを困難なものとする第二のイレギュラー要素がある。武器だ。SRPGよろしく、回数制限が設けられているのだが、ほとんど一ケタ台。僅か数回しか使えないのだ。一応、回数を超えても武器が壊れることはないが、威力が大幅に低下し、それぞれの武器に備わった専用の特殊攻撃が使えなくなる。当然、回復する手段は、マップのクリアと一つの例外を除いてなし。
narou_04

主人公の武器に至っては特に低い。たったの三回だ。その回数の戦闘、あるいは二回攻撃発生のケースも踏まえれば二回で使用不能になる。あとは袋たたきの運命を辿るだけ。

本記事冒頭のあらすじにおける”大ウソ”というのは、このことを指している。主人公、壊滅的に弱いのだ。魔物の軍勢を退ける力など無いのである。
よって、そこから導き出される、マップ攻略の最適解は……
narou_05

逃げる!
戦闘しない!

まさしくイレギュラー……SRPGちゃうやん、脱出ゲームやんけな戦術が基本になるのだ。この関係で一つのマップに要する時間も短め。テンポ良く行けば、2~3分でクリアできる。そして、正気を疑う初見殺しがてんこ盛り。
narou_06

この悪意に満ちたマップの構成が第三のイレギュラー要素だ。そのため、特に初回プレイ時は問答無用でボコボコにされては、無慈悲な形勢逆転が起きる。戦闘を仕掛けても、挽回などできる訳がない事案多数。気付いた時には手遅れ、もうどうとでもなれ。まさにイレギュラーもイレギュラー、プレイヤーを地獄に叩き落すに等しい構成にされているのだ。

主に象徴的な部分に特化したが、この他にも多くのイレギュラーな要素がある。それもあって、SRPGのお約束に則った戦術なんて取れば地獄まっしぐら。SRPGらしさは極めて薄くい、むしろ、脱出アドベンチャーに近いゲームデザインになっている。特に見つければほぼ一瞬でクリアが確約される「答え」が各マップに隠されているのがそれを裏付ける。

1 2 3次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき