ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【速報レポート】TIF2019 1日目: バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI ライブレポート@ SMILE GARDEN『バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHIのライブに触れ、にやけた笑顔が止まらない。まさに、気分はやったやったやったやったー!!』

【速報レポート】TIF2019 1日目: バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI ライブレポート@ SMILE GARDEN『バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHIのライブに触れ、にやけた笑顔が止まらない。まさに、気分はやったやったやったやったー!!』

世界最大規模のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL(略称:TIF)」は今年も8/2、8/3、8/4の3日間で開催。セカイベでは速報ライブレポートをお伝えする。
今回はSMILE GARDENにて行われた、バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHIのステージをライブレポートにてお届けする。
SMILE GARDENを舞台にしたバンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHIのライブは、炎天下の14時頃からスタート。舞台の上を駆け回り登場したメンバーに合わせ、フロア中から沸き上がる「うりゃほい!!」の熱い声。最初から、フロアのテンションはMX状態だ。その熱をさらに掻き立てるように、バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHIのライブは、わちゃわちゃと弾けた「青春カラダダダッシュ!」スタート。メンバーが、観客たちが、気持ちを無邪気な子供心へ揺り戻す楽曲に合わせはしゃぎだす。わくわくとした衝動が止まらない。このまま感情がぶっ飛ぶまま、バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHIのメンバーたちと一緒に熱狂の中で一つに溶けちゃいたい。そんな気分だ!!
「上げた拳をそのままに、こんなダンスはどうでしょう」の言葉に続き「イミ・ナイ・ダンス」へ。それまで舞台の上へ寝ころがっていたメンバーたちが一斉に立ち上がり、躍動する楽曲に合わせ思いきり騒ぎだした。この歌は、気持ちに沸き上がるパワーを注入していく。何時しか身体中にアドレナリンが巡りだす。一緒に上がっていこう。そんな空気を感じていたところで、急にメンバーがステージ裏へ。突然の展開へ戸惑う人たち。そこへ、すかさずメンバーたちの煽り声が響きだす。メンバーらに煽られ、フロアから手拍子が起き出した。上手いね、この演出が。ふたたび熱が膨らみだす。何時しかこの空間は、「楽しい」を合い言葉にしたダンスフロアに塗り変わっていた。
パワフルな演奏に後押しされ、メンバーが「Shine!!」と絶叫。「DAN PATSU SHIKI」の登場だ。楽曲に合わせ、右へ左に移動するメンバーたち。フロアの中は横移動禁止のため、気持ちだけは左右ヘモッシュしながら、誰もがその場で身体を揺らしていた。推して押してと、メンバーたちが会場中の人たちの気持ちを力強く煽り続ければ、その声に触発され、魂が熱く高ぶりだす。メンバーたちの「Shine!!」の雄叫びを聞くたびに、感情がガンガン押されてゆく。このまま、彼女たちと一緒に熱狂の中で溶けてしまいたい。
「全世界に愛を込めて」の言葉に続き、最後にバンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHIは、この日のライブの成功をみんなでお祝いするように「YATTA!」を届けてくれた。身体をハッピーな気持ちで揺さぶる軽快なディスコチューンに合わせ、メンバーと観客たちが心を一つに「やった やった」と声を張り上げ騒ぎ続けていた。この歌に触れているときに感じていたのは、ただただ「楽しい」という無邪気な気持ち。触れた人たちを、その瞬間だけはパリピな人に変えてゆく「YATTA!」。そんな瞬間があってもいいじゃない。徹底して熱狂を与えるライフも素敵だが、終始、心を「楽しい」色に染めあげるカラフルでポップなライブも最高だ。バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHIのライブに触れながら、ずっとにやけた笑顔ではしゃいでいた。
TEXT:長澤智典
【セットリスト】
1.青春カラダダダッシュ!
2.イミ・ナイ・ダンス
3.DAN PATSU SHIKI
4.YATTA!

関連記事リンク(外部サイト)

ゑんら:【イベントレポート】10000枚チャレンジ結果発表! 万感の思いを抱いた期間から再び歩み出すゑんらのストーリー、次のステップへ『このゑんらの3人じゃなかったら挫けてたかもしれない』
【ライブレポート】「感謝還元祭」2日目レポート!!〜Bury 編〜
Chu-Z:【インタビュー】「ばりばりんりん」リリースインタビュー『今のChu-Zは昔と全然違うグループになっているし、この9人で今までの最高を常に更新していきたい』

Second Innovationの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき