ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【速報レポート】TIF2019 1日目: わーすた ライブレポート@ DOLLFACTORY『メンバーの松田美里の誕生日当日にTIFへわーすたが登場!!相変わらず歳上級だね!』

【速報レポート】TIF2019 1日目: わーすた ライブレポート@ DOLLFACTORY『メンバーの松田美里の誕生日当日にTIFへわーすたが登場!!相変わらず歳上級だね!』

世界最大規模のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL(略称:TIF)」は今年も8/2、8/3、8/4の3日間で開催。セカイベでは速報ライブレポートをお伝えする。
今回はDOLLFACTORYにて行われた、わーすたのステージをライブレポートにてお届けする。
今日は、最高に楽しもう! 最上級のパーティを催しながら一緒にはしゃぎまわろう!!。そう誘いをかけるように、わーすたのライブは『最上級ぱらどっくす』から幕を開けた。テンションを一気にMAXへアゲてゆく楽曲の登場に、フロア中の人たちが前へ前へと押し寄せ、彼女たちの振りまく熱を全身に浴びるように楽しんでいた。そんな熱狂ぶりへ熱い視線を送りながらも、舞台の上を無邪気にはしゃぎまわるメンバーたち。どんどん気持ちが開放されてゆく。理屈も理性も忘れ、いつしか最上級の熱狂をわーすたと一緒に作りたくて、誰もが彼女たちへ向け大きな声を張り上げていた。
大騒ぎしたら、やっぱり増してゆくのが食欲?!。そんな気持ちを後押しするようにわーすたが届けたのが、『大志を抱け!カルビアンビシャス!』。メンバーみんな焼き肉が大好き。その想いが、まさかの楽曲に昇華。メンバーたちも、手にした扇子も巧みに箸ように駆使しながら、チャイナ風の旋律も印象深い明るいダンスポップ曲に合わせ大はしゃぎ。
この日は、松田美里の誕生日当日。彼女自身も、最高の二十歳の記念日にしようと、ファンたちへアピールしていたこともお伝えしておこう。
上がりたい気持ちへ熱をぶちまけるように、わーすたは『PLATONIC GIRL』を披露。今にも客席へ飛びかかんばかりの勢いで、彼女たちは歌をぶつけてきた。その気迫に刺激され、フロア中の人たちも声を上げ、沸き続けていた。短い時間の中とはいえ、どれだけ、互いに気持ちを最上級まで持っていけるか。そんな熱い戦いの姿勢を、この歌でわーすたは示してくれた。
最後に届けたのが、『プリティー☆チャンネル』。メンバーたちはもちろん、何時しか会場中の人たちも笑顔を浮かべ、彼女たちと一緒に楽しさを味わっていた。
わーすたのライブには、いつも笑顔があふれている。気持ちを童心に変えてゆく。一緒に眩しい青春を味わおうと誘いをかける彼女たちの笑顔を見たくて、熱狂の声という心の手を伸ばしたくなる。その手を彼女たちがつかんでくれるのを知っているからこそ、必死に声を上げて騒ぎたくなる。いいよね、この関係性が。
TEXT:長澤智典
【セットリスト】
1.最上級ぱらどっくす
2.大志を抱け!カルビアンビシャス!
3.PLATONIC GIRL
4.プリティー☆チャンネル

関連記事リンク(外部サイト)

ゑんら:【イベントレポート】10000枚チャレンジ結果発表! 万感の思いを抱いた期間から再び歩み出すゑんらのストーリー、次のステップへ『このゑんらの3人じゃなかったら挫けてたかもしれない』
【ライブレポート】「感謝還元祭」2日目レポート!!〜Bury 編〜
Chu-Z:【インタビュー】「ばりばりんりん」リリースインタビュー『今のChu-Zは昔と全然違うグループになっているし、この9人で今までの最高を常に更新していきたい』

Second Innovationの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき