ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

話題の「ぬい撮り」旅とは?サメのぬいぐるみと一緒に「鮫駅」へ!

話題の「ぬい撮り」旅とは?サメのぬいぐるみと一緒に「鮫駅」へ!

八戸という場所がある。JR東京駅から東北新幹線「はやぶさ」で約2時間50分で着いてしまう、青森県の南東部にある街だ。農業、漁業、工業が盛んで、八戸港は1966(昭和41)年から1968(昭和43)年には水揚げ日本一を記録している。

そんな街に鮫町(さめまち)という場所があり、鮫駅にはサメの立体的な顔ハメが存在するそうだ。ということで、サメを持って鮫町の鮫駅に行って、サメと一緒にサメの顔ハメをしたいと思う。サメだらけだけど、サメ以外もあるのでご安心を。

東京駅

鮫のぬいぐるみと一緒に

びゅうたび編集部から八戸に行きませんか、というお誘いを受けた。まだ4月の春のうららかな光が降り注ぐ、爽やかな日だった。「行きます」と私は答え、この撮影が決まった。
筆者本人

この記事書いている地主です!

ある日、私の家に「サメのぬいぐるみ」が送られてきた。サメと一緒に八戸市鮫町の鮫駅に行って欲しいとのこと。可愛いけれど、なかなかに迫力のある大きさだった。1メートルあるのだから。「邪魔じゃないか」と正直思った。

「ぬい撮り」というものが流行っている。様々な場所でぬいぐるみの写真を撮ることだそうだ。それをサメと八戸でやって欲しいとのこと。私は知らなかったのだけれど、世の中ではいろいろなものが流行っている。ということで、サメと一緒にこの旅は始まった。

はやぶさに乗車 はやぶさで約2時間50分で、 JR八戸駅

八戸駅に到着!

八戸駅

鮫駅を目指してサメと移動

到着した八戸は曇り空だった。八戸駅東口に隣接する「ユートリー」に行く。お土産屋やホテルなどがある施設だ。サメは大きい割に軽いけれど、かさばる。現状ではまだ「邪魔だな」という感情を捨てきれない。だって、まだ彼とは初対面に近いから。
八戸三社大祭の山車と筆者

八戸三社大祭の山車と!

ユートリーの1階メインホールに山車が展示してある。約300年の歴史と伝統を誇る国の重要無形民俗文化財になっている八戸三社大祭で使われる山車だ。今の山車は、電線などの整備に合わせて改良を重ね、昔の山車より大きなサイズになっているそう。
サメにも法被を着せました!

1 2 3 4 5 6 7 8 9次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき