環境に優しい素材でつくられたBluetoothイヤホン「LIBERATE AIR」

access_time folderデジタル・IT
見た目も発想も斬新なワイヤレスイヤホンがMarleyから登場した。なんと、本体に竹や木材といった環境に優しい素材を使っているというもの。

最近イヤホンはワイヤレスが主流だが、Marleyの新イヤホンはワイヤレスの利便性はそのままに、装着するだけで注目を集めそうだ。

・海洋プラ問題を意識

商品名は「LIBERATE AIR」。見ての通り、竹や木材を使用している。そのほかリサイクル可能なアルミニウムや、ペットボトルからつくられたファブリックも使われ、こうした“アースフレンドリー”な素材を活用したワイヤレスイヤホンは業界初という。

この商品開発の背景には、海洋プラスティックごみ問題に対処するという意図がある。

・最大32時間再生

発想が斬新なだけでなく、イヤホンとしての機能が優れているのもポイントだ。クアルコムの最新チップQCC3020を採用し、最大9時間再生できる。充電ケースを使えば再生時間は32時間となる。音質面はというと、5.6ミリのドライバーを搭載し、再生周波数帯域は20〜2万hz。

また音楽の再生や通話などをタップしてコントロールでき、SiriやGoogleアシスタントといった音声操作にも対応する。

竹や木材で耐久性は大丈夫? と思う人もいるだろうが、汗に強いIPX4防水仕様となっているとのこと。

AirPodsなど名だたるブランドのものもいいが、人と違うものを身に付けたいという人にはLIBERATE AIRはうってつけだ。価格は1万4750円(税込)。

Marley

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧