ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

カレーヌードルに「キャベツ太郎」を全量投入すると濃厚さが限界突破して激ウマ! たった20円で得られる幸せ体験

日清「カップヌードル カレー」(以下カレーヌードル)といえば日本を代表する王道のカップラーメンのひとつですよね。濃厚なカレースープが平打ち麺にたっぷりと絡みつく美味しさは唯一無二。たくさんの種類が発売されているカップヌードルシリーズの中でも特に高い人気を誇っています。

カレーヌードルにキャベツ太郎を入れると激ウマ!

ただでさえ濃厚なカレーが美味しいカレーヌードルですが、駄菓子の「キャベツ太郎」を大量投入すると限界突破した濃厚さが降臨し、激しく美味しくなることが判明しました。

キャベツ太郎は粉末ソースをベースにした調味料をまとったコーンスナック。複数のスパイスや果実類などを混ぜて作られているソースがカレーに合うのは言わずもがな。コーンもカレーのトッピングとして人気があります。実はカレーと抜群の相性を誇るスナック菓子なのです。

というわけでカレーヌードルに熱湯を注いで完成させたら、上からキャベツ太郎を大量に投入してしまいましょう。

キャベツ太郎は小袋の食べきりサイズで販売されているので、ドババッと全量投入してしまって構いません。一気にジャンクなボリューム感が増幅しました。これでも上乗せした金額はたったの20円というのが素晴らしい!

盛りつけが完了したら、あとはキャベツ太郎をカレースープに浸してかき混ぜながら食べ進めていきましょう。

キャベツ太郎はみるみるうちにカレースープを吸収し、そのまま溶けてカレースープの一部と化していきます。するとカレースープはキャベツ太郎の味の要素を取り込みながらドロッと濃厚に変化。びっくりするほどスープが麺に絡みついてきます。これがメチャクチャにウマい!

ドロドロと化した濃厚カレースープは麺だけでなくカップヌードルシリーズでおなじみの具材“謎肉”とも相性抜群。キャベツ太郎1袋分のボリュームもプラスされるため、満足度も高くなるのもポイントです。

コンビニやスーパーマーケットなど、カレーヌードルを販売しているお店には高確率でキャベツ太郎も販売されているのも嬉しいところ。たった20円のトッピングで得られる幸せ体験。おすすめですよ。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ノジーマ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき